2018/04/21.Sat

しわしわおじいちゃん

昨日と今日と、それぞれ違う面々で、違う方面で、
クローズドライブに出演してきました。

昨日は三条へ、そして今日は新発田へ。

新発田と言えば!!!

翁最中ですよ。
オキナモナカって読みます。

中に求肥が入っててあんこもすごく美味しくて、
大好きな和菓子です。
コンサートの会場がすごく近かったので、帰り道に、ふらっと立ち寄って、
箱入りで買ってきました。

で、さっき。

箱から出して、イスの上に(なぜイスの上?!)ポンっと置いといたのを忘れて、
座っちまった…。

はーーーーっ!!!っと気付いたとき、すでに手遅れ。

しわしわ翁

悲劇ですよ。

おじいちゃん、さらにシワッシワになっちゃった。

で、食べようとして手に持ったら、ボロンボロン。
皮の強度がゼロになって、ワタシの指から、粉になってこぼれ落ちてゆくのでした。

こんなおじいちゃんの姿にかなり凹んでいるワタシですが、
三条商工会議所青年部のみなさん&アルツ選抜メンバー、
新発田の園関係のみなさん&共演korayちゃん、
ライブ自体はとっても楽しかったです。
大変お世話になりました。
ありがとうございました。


スポンサーサイト
ポレポレ日記 | Comments(0)
2018/04/18.Wed

ジムノペディる?

先日、道中こんなステキな風景を見ながら、
とある社団法人さんの式典に演奏に行ってまいりました。

菜の花ロード

黄色とかオレンジとかって、元気になる色だよね~。

さて。

その式典で演奏させて頂いた曲のひとつが、「君が代」。
政治的・社会的観点はまったくおいといて、
誰でもきっと歌える、よーく知ったメロディですよね。

この曲を、ピアノ1本で伴奏したのですが、
さすがに式典でトチっちゃイカンから、必死に練習いたしました、ワタシ。
そのときにね、なんか、途中から、気分が変わるのよ。
なんていうのかな、
異国情緒を感じるというか、ハーモニーに聞き覚えがあるというか。

で、思い出した!

エリック・サティの「ジムノペディ」じゃん、コレ!

Ⅳ度で終わる感じとか(ごめんなさい、音楽用語です)、
で、結局は長調だったの?短調だったの?っていう哀愁とか(笑)。

君が代終わったところから、
そのままジムノペディ2番に行っても、なんの違和感もない

ご賛同下さる方、募集中。

集まってもらったところで、なにもありませんが。

式典では、担当だった田中さん始め、スタッフのみなさまに、
大変お世話になりました。
ますますのご発展をお祈りしております。


ポレポレ日記 | Comments(0)
2018/04/13.Fri

さくらさん、がんばってくれました。

雨天の心配はなかったものの、
先週すでに満開になってしまった花たちのその後が気になっておりましたが、
コンサートの夜まで、なんとかもってくれました、桜さん!!!

この日の朝はかなりいい具合にピンク色だったそうなのですが、
午後のあったかさにつられて、
だいぶ緑の葉っぱが出て来て、
ピンクの花びらさんを散らしてしまったとのこと。

いやいや、でも、ここまでよく持ちこたえてくれました。

夕方のリハ風景。

2018観桜会1

これがね、日も暮れて開演したら、こんなにステキに!

2018観桜会2
※ご来場くださった大泉様より画像お借りしました

ライトアップされて、美しい春の風景の中、
高らかにのびやかに、そして優しく響く藤井裕子さんのトランペット。

いつになく、顔を白く浮き上がらせながら(笑)、
気合いを入れて弾くワタシのピアノ。

ピアノにヒラヒラと、桜の花びらが舞い降りて来て、とても風情があり、
それはそれは気持ちよく演奏させて頂きました。

そしてね、お客さまから大きな拍手を頂いて、
園長先生、副園長先生、園の先生方みなさまから暖かなお心遣いを頂いて、
園の桜とサヨナラしたあとは、こんな可憐な桜の花のようなゆこさん。

2018観桜会3

うぷー

藤井裕子さんとは、これまでも何度も共演させて頂いておりますが、
高校時代の吹奏楽部の先輩なのであります。
ワタシが、頼りないボボッボーみたいな低音を鳴らしていた同じ列の真ん中で、
みんなを引っ張っていた花形トランペット。

あ、ワタシは、トロンボーンだったのですよ。

あの頃から、その破壊力…、あ、違った、演奏力はずば抜けて光り輝いていて、
この道のプロとなり、東京と新潟と、そして他県でも大活躍の演奏家になられました。
まさか、卒業後に、こうしてご縁を頂いて、共演させて頂けるなんて

ゆこさん、高校のころから、発する言葉には芯が通っていて、
でも、どこかオチャラケた振りで周りを笑わせてくれて、
そして、言葉の裏に隠された優しさがすごくあったかくて、
それは今も変わらない。
いや、むしろパワーアップ?
ゆこさーーん、大好き、あはははー

新潟県立新潟南高校吹奏楽部、バンザイ!!!

ワタシはまったく面倒見の悪い先輩ですが、
綿々と続く南高ブラスの後輩たちも、
こんなふうに、何年経っても、何十年経っても、
いいお付き合いしていけるチームワークが受け継がれますように。
学生時代を共に過ごした仲間は、宝物だよ。
新学期も始まったし、みんな、充実した高校生活を、ね。



ポレポレ日記 | Comments(0)
2018/04/08.Sun

ヤマハさんサロンコンサートでした

朝方は雪も積もったりして、なかなかお出かけしづらいお天気でしたが、
ワタシを育ててくれたヤマハさんでのサロンコンサートでした。
「古巣」のスタッフさんや、ご来場下さった元生徒さんたちに迎えられて、
暖かな一日を過ごさせて頂きました。

ワタシが講師をさせて頂いていたのは、かれこれ10年くらい前まで、の、14年間。
その間、たくさんの方々や先生方から叱咤激励されながら、
「社会人」として、まっとうな道を…

歩んできたのだろうか?

ま、いいや。

会場に着いて準備をしていると、奥の方の通路で、
わっしわしと手を振っているお方が…。
ワタシの、音楽の、いや、人生の、と言っても過言ではない、師匠のお姿。
今も教室で、個性豊かな生徒さんを育てている、私の師匠、
「感動仕掛け人」としてのイロハを叩き込んでくれた、恩師です。
それにしても、すごい手の振り方…さすが師匠、アーティスティックだ。

そして、会場スタッフの皆さんとも、久々の再会のお顔もあり、
なんだか、嬉しい同窓会のような気分。
開演時間になって会場に入ると、常連さま(いつもありがとうございます!)に加え、
懐かしい元生徒さんたちのお姿も!

じーーーーーーーーん

なんだか無性に嬉しくて、予定にない音(ミスタッチ…とも言う)を、
大サービスで出しちゃったけれど、
こうして音楽活動をさせて頂いていることへの感謝と喜びを改めて感じることのできる、
春のおだやかな一日でした、

…雪降ったけど。

担当の真央ちゃん、Y田さんH松さんはじめ売り場のみなさん、
在任時からお世話になっていたT店長、
よく姉妹と言われていたU山さん、
そして、某O澤師匠、にこやかにお迎えくださり、ありがとうございました。


ついでのサービス。

懐かしい写真を、ね。
レアだよ。

講師なりたてか?

たぶん、講師になって間もないころかなぁ、この楽器の機種と、髪の長さから見ると。
暑い日に、豪華客船をお迎えするセレモニーでの演奏、だったと思います。
衣装は、スタッフTシャツ支給されて、
なんか、さわやかなエレクトーンのおねえさん、みたいになってます。

そして、よく引き籠っていた(笑)、万代時代の教室の、M-4のお部屋だな、こりゃ。

ペンケースが新しい

愛用のSTEADTLERの鉛筆で、ガシガシと楽譜書いてます。
なんだか、ウデの色、黒い…。のわりに、顔が白い…。
このころは、通年まっくろの異端児講師だったんだよな。


さあ!!!
まだまだ精進します!!!

来週は、三条で、観桜会での演奏です。
詳細はまたのちほど。
桜、散らずに待っててねーっ!


ポレポレ日記 | Comments(0)
2018/04/05.Thu

花冷えイキバタでした

花冷え、と言いますが、ホントに毎年、桜が咲くと雨が降って寒くなります。
まさに、そんな一日にあたってしまった、イキアタリバッタリなライブ。
春だと思ったのに、冬にギャクモドリビックリ、な日になっちゃいました。

でもね。

こんな悪天候の中、たくさんの方が足をお運びくださって、
本当にありがたかったです。
しかも、平日にも関わらず、昼の部、夜の部、ともに、嬉しい笑顔がいっぱい。
貴重なお時間をイキバタに費やして下さいまして、ありがとうございました。

今回は、久々のイキバタ、そして2nd season突入記念、としまして、
ゲストを…というつもりが、ゲストっていうより、メイン?
結局、全曲に参加してもらっちゃった、弟分(?)ギタリスト坂井崇人くん。
イキバタらしく、選曲もトークもゆるゆる。
ゆるゆる×2人、ですので、極限のゆるーーーーんゆるん(笑)。
演奏中ですら、ふたりでしゃべくる…弾きしゃべりタップリ。

シャキ!っとなさりたかったお客さま、大変失礼いたしました。

おかげさまで、ゆるくも楽しくシアワセな一日を過ごさせて頂きました。
次回は、5月23日(水)、これまた、昼夜同日開催です。
この日は、ピアノソロで頑張りますよ!(今のところ、そのつもり…)
あ、頑張る!と言いましても、イキバタのゆるゆる感はキープしたまま頑張りますよ。

さて。
昨夜の写真を一枚。
なにか、間違ってる?

スペシャルでレアなイキバタ

さしあたり、どっきり?


ポレポレ日記 | Comments(0)
 | HOME | Next »