FC2ブログ
2019/12/03.Tue

今年最後の大失敗

今週末12月8日に迫った「歳末大抽選会」という名のライブ、
準備も佳境で、今日は最終リハでした。

なのに、ワタクシ、リハ会場を間違えてしまい、
40分の大遅刻。

ごめんなさい…土下座してお詫びします。

遅刻しました

みなさん、当日の会場は、ドクター可児さんですよ。
Dr.可児さん。
カミフルのドクター可児さんですよ!!!
白山神社すぐそこの、ドクター可児さんです!!!

はぁ…
自分の事務処理能力のなさ、情けなし。
はぁ…。

風邪やらインフルエンザやらが流行り始めているようで、
若干のキャンセルも出ておりまして、
お席の準備まだ大丈夫そうです。
ご興味おありの方、後悔なきよう、
いつでもお気軽にお問合せください。

こう見えてライブ…なのか?!


ということで、ワタシはこれからまた、レベルアップしようと思います。
くじけずに、経験値重ねます!

お待ちしておりますね。




スポンサーサイト



ポレポレ日記 | Comments(0)
2019/11/22.Fri

名作リクエスト

お店でピアノを弾いていると、お客さまからリクエストを頂くことがよくあります。

でも、弾いてるときに直接話しかけられると、
なかなか流ちょうな日本語が話せず、
シドロモドロな宇宙語になることが多いため、
お店のスタッフさんが気を利かせて、
お客さまに確認してメモを持ってきてくれるのでとても助かります。

でね、お店のスタッフさんは接客のプロ、
お客さまとの楽しい会話の中からリクエスト曲を聞きだして、
それをメモに書いたものを持ってワタシに伝えてくれるのですが、
20歳前後のかわいこちゃんたちにとっては、
お客さまのメイン層であるおじさまおばさま世代のヒットソングとか、
未知の世界なのです。

一生懸命に聞き取って書いてくれるメモ、いつもすごく楽しみで、
和ませて頂いています。

先日もらったメモがこちら。

ケロロ

疲れも吹き飛ぶこのキュートなタイトル。
こういうの大好き♡
こういうメモを持ってきてくれるスタッフさんも大好き♡

正解発表。

ケロロじゃないよ

最高だよ~!
いつも笑顔で頑張ってるこのお店のスタッフさん、みんな大好き!
みんなこれからもよろしくね。


ポレポレ日記 | Comments(0)
2019/11/15.Fri

イントロ、ドン!

とあるステージにて。

1曲目。
ワタシはピアノに板付いた状態でフルートのソロを聞く。
(※板付く=ステージ上の定位置にてスタンバイしていること)

1曲目終わりではMCなし。
絶妙なタイミングで2曲目のグリーンスリーブスのイントロをピアノソロで。

このピアノがワタシの役目。

だというのに、
1曲目であまりにうっとり?ボーっと?してしまって、
2曲目のイントロが出て来ない!!!
シドロモドロに鍵盤さわって、リズムもコードもまったくのデタラメ。

あまりのひどいイントロにステージ上の他の共演者は降りてしまい、
客席もどんどん空席になっていく…


という夢をみたのです、2日程前に。

そして、今日。

やっちまった…。

今日は、俺のイタリアン新潟三越前で出番。
フロントは、お初の共演となりました、ジャズボーカリストの清水桃子さん。
柔らかでキラキラフワフワ輝いている声がとっても素敵でした。

でもって、そんな雰囲気にうっかりすっかり聞きほれてしまい、
最後の曲、4ビートで、と指示を頂きテンポ出してもらったのに、
なぜかボサで弾き始めてしまったのでありました。

それならそれでボサのまま行けば、
桃子さんすぐに対応して下さるウデの持ち主なのに、
自分のアタマが考えてるスウィングのリズムと、
身体が勝手に弾いてるボサのリズムの違いを認識してしまった途端、
組み立ててたはずのコード進行もどっか旅に出ちゃって、
シドロモドロのドロンドロン。

桃子さんに、ちょっと待って…と念を送り、態勢整えて、
なんとか無事にイントロ弾ききりましたとさ。

桃子さん、お世話になりました。
楽しい時間をありがとうございました。

イントロ作戦

桃子さんから頂いた差し入れ。
ワタシの身体は頂き物で出来ている。

先日の坂田佐知子さん、須貝夕紀さん、
そして、今日の清水桃子さん、
それに、他の現場でもご一緒させてもらうことの多い真由美ちゃんやくみたんやナタリーさん。
色んな方と共演させていただけるシアワセ。
どのシンガーさんも、それぞれに個性があって、
寄り添いながら、ときには煽りながら、ときには消えちゃったりしながら(笑)、
共演の方が生き生きと輝いてくれるよう、
そして、その様子を見たお客さまが喜んでくれるよう、
ガンガン行くのであります!

とりあえずさ、イントロ、ちゃんと弾こうよ…ワタシ。

ポレポレ日記 | Comments(0)
2019/10/29.Tue

ウキっ☆

某Y音楽教室で講師をしていた頃、
担当していたのはグループレッスンがメインで、
発表会があると、クラス全員で、ときには複数のクラスが合同で、
1曲を仕上げてみんなで一緒にステージにのる、という、
アンサンブルでの演奏がメインでした。

ワタシなりの指導法でのこだわりは、
必ずその生徒さんたちに向けたオリジナルスコアを書くこと。
市販されている楽譜にも素晴らしいものはたくさんあるのですが、
クラスのカラーに合わせてアレンジをして、
生徒さんおひとりおひとりが持っている個性を活かすべく、
みなさんのお顔や演奏スタイルを思い浮かべながら楽譜を書いていく作業が好きでした。

今でも、当時の生徒さんから、
懐かしい楽譜を保管しています、やら、
講師になった生徒さんから、リアレンジして今度は自分の生徒に弾かせます、やら、
嬉しい報告があって、元講師冥利に尽きるといいますか、
曲への愛情をしっかりと受け止めてくれていたんだなぁ、と、
じーんとしちゃったりします。

さて、前置きが長くなりました。

講師を卒業して、今はほぼ、
自分自身が関わる(=演奏する)ステージでの楽曲をアレンジする毎日ですが、
ご依頼頂いて、音楽仲間へのアレンジ提供をさせて頂くことがあります。

この秋に手掛けたのは、こちら。
本番前ですが、ちょっとネタバレなサービス画像です。

ぼざーるすこあ

私にとっての「神」である作曲家&ピアニスト中村幸代さんの、歴史に残る名曲。
トランペット&フルートのための曲をなにか書いてほしい、というご要望を頂いて、
京子さんの内に秘めた情熱と、さや花さんのクールかつ華やかな雰囲気を、
そして、確かな技術と絶大な信頼感をお持ちの晴海さんの包容力をプラスして、
私なりの構想&妄想&暴走(笑)で、1曲ご提供させて頂きました。

曲、は、生きていて、成長していくもの、と私はいつも考えています。
このお三方が、この曲をどんなふうに育ててみなさんにご披露なさるのか、
今からとってもとっても楽しみです。

コンサートは11月2日、14時開演で、だいしホールです。
このアレンジのご縁をくださったクラリネット伊奈るり子先生の、
溢れ出るセンスが光りまくるこちらのコンサートです。

ぼざーるおもて

ぼざーるうら

おそらく、Somewhere in the Nightをこの編成で聞けるのは、本邦初だと思います。
ぜひぜひみなさん、足をお運び頂いて、
素晴らしい演奏家のみなさんの紡ぎ出す音色に浸る一日をお過ごしください。
もちろん、この曲以外も、珠玉の名曲がたくさんです。
そして、コンサートに来て下さった方だけが味わえるあんな曲も…。

芸術の秋、ほんわ管でぼざーるでござるよ。
ウキっ

ポレポレ日記 | Comments(0)
2019/10/28.Mon

長野遠征でした

この週末は、ジャズボーカリストえのもとくみこさんのお供で、
松之山温泉から長野飯山市へ、遠征に行ってきました。

松之山温泉では、お昼にもんのすごく美味しい和牛ステーキを頂き、
貸し切りパーティで大盛り上がりの中ステージを終え、外に出たら満点の星空!
源泉かけ流しのお風呂にもちょこっと浸かったぐらいにして、
松之山を満喫した土曜。

そして、日曜は雨がしとしと、ときどきじとじと降る中、長野は飯山市へ。
今回は、台風で大きな被害の出た直後ということで、
行く前からコーディネーターさんが現地との連絡を取り、
自ら道中を往復して確認して下さった上で、
また、会場オーナーご夫妻からの温かい歓迎のお気持ちも頂き、
お客さまに多少のキャンセルは出るものの、
この機会だからこそおじゃましよう!と、
くみたんと、心を込めた演奏を誓い合いながらのツアーでした。

伺ってみれば、会場内はほぼ満席、
みなさんの笑顔もとても優しく、
1曲ごとに下さる拍手の温かいこと!
アットホームな雰囲気の店内では、
愉快な合いの手トークなんかも飛び交い、
くみたんの声も絶好調。

ライブ開催にご尽力くださって、
最高のおもてなしをしてくださった飯山時間オーナーご夫妻に、
ただただ感謝です。

そして、まだ不安でいっぱいであろう飯山市のみなさん、
会場まで足をお運びくださってありがとうございました。

まだまだ災害復旧ボランティアさんも出向いている状況の中、
ワタシたちの出来ることは、
少しでもくつろいで頂ける癒しの時間を提供すること、
長野の経済に少しでも足しになるよう買い物や食事をすること、
そんなことくらいなのですが、
存分に食べました!
そして、たくさんのおいしいものを買いました!

シャインマスカット

光り輝く長野産シャインマスカット!!!

生産者のみなさん、流通に携わるみなさん、
台風に負けず、おいしいぶどうをありがとうございます。
心に沁みるお味でした。


ポレポレ日記 | Comments(0)
 | HOME | Next »