FC2ブログ
2012/12/12.Wed

保育園に Twende!

昨日は、三条の保育園に、「映像コンサート」の出前に行ってきました。

前回は、
園児のおじいちゃん&おばあちゃんに向けたコンサートをさせて頂きましたが、
今回は、
園長先生から、こどもたちにも見せてあげたいとの熱望がありまして、
こども用にパッケージし直して、40分ほどの内容に作り替えました。

さあ、いってみよう!

もともと、このコンサートのプログラムは、
過去に通っていたアフリカで撮りためた膨大な写真の中から、
テーマに沿った曲に合わせて写し出すものを選び出し、
ストーリー性を持たせたり、
あまり言葉での説明をせずに見る方の想像力にお任せしたり…
アフリカで感じた莫大なことの、ほんの一握りでも、見る方に伝えられるよう、
目と耳で楽しんで頂くパッケージです。

でも、相手が「こども」となると、
伝えたいことの盛り込み方が違ってきます。
知っている語彙もまだ少ないでしょうし、
字幕に文字を書いてもまだ読めない年齢の子もいるし、スピードもゆっくり。
自然の姿をグロテスクに描き過ぎても怖がらせてしまうし、
かといって、
ただ動物のアップを見せるだけでは図鑑と変わりないし。

最小限の「言葉」を使いながら、
なにかしらこどもたちの心にとどまって、
いつか大きくなったときに、「世界を見る心」の小さなかけらでも残せたら…

かくいうワタシも、
今思えば、こどもの頃に見ていたテレビ番組の影響が、
心のどこかに種火として残っていたんだろうなぁ、と。
その頃は、見ていた、というよりも、
チャンネル権がもらえず、
仕方なく父親が見る番組をチラチラと目に映していた「野生の王国」。
あ、トシがばれる?

昨日のこどもたちの中にも、
私の言葉をものすごく真剣な目で聞きとり、
小さくも力強く頷いていてくれた女の子の姿が、目に焼き付いて離れません。

未来には、興味をそそられること、いっぱい待ってるよ

感動を新鮮に思い出させてくれた、
園長先生、園の先生方、じーーーーーーーっと見てくれたこどもたちに、
感謝の気持ちをこめて、コンサート最後の1枚はコレ。

またね!


スポンサーサイト



おんがく情報 | Comments(2)
 | HOME |