FC2ブログ
2013/05/25.Sat

弾きまくりウィーク千秋楽

日替わりで、違う共演者さんと、
まったく違うジャンルやアレンジで過ごした連夜でしたが、
3日目は、これまた、ガラリと違うメンバーと演奏でした。

とある企業さんの創立記念パーティのおよばれ出演で、
六日町の由緒ある温泉旅館「龍言」さんに行ってきました。

メンバーは、
フェニックスコンサートでご一緒させてもらったサックス五十嵐文さんと、
ちょいちょい組ませてもらっているドラム澤口和夫さん。
行きの車中もにぎやかに、
のんびりと後部座席でおにぎりなんか食べながら、
ちょっとした行楽気分。

そして、龍言さんに到着してみれば、
趣のある佇まいに、更に気分も盛り上がり
年季の入った木造の外観は、深い木の黒が印象的で、
そして、館内も、味わい深いレトロ感。
電話も、こんな。
龍言のレトロ電話


今回の演奏は、企業の社員の皆さんにはヒミツのお楽しみということで、
幹部の皆さんが準備して下さっていたサプライズ企画。
とは言え、リハーサルの音だしで、バレバレだった気もしないではないですが

そんなサプライズの心遣いを思い合ってか、
セレモニー後、演奏を始めたワタシたちに、
会場の皆さんは大きな拍手とご声援を下さいました。
30分のステージ後も、思いがけずアンコールを頂き、大盛り上がり。
燃焼しきった一夜でした。

演奏後に頂いたお弁当もとってもおいしく、
久々の文さん、さわさんとの演奏もエキサイティングで、
弾きまくりウィークの楽しい千秋楽となりました。

いつか、シゴト抜きで、プライベートで行きたい旅館でした、龍言さん。

…さわさんは、本番前にひとっ風呂浴びてたけどね。





スポンサーサイト



おんがく情報 | Comments(2)
2013/05/25.Sat

弾きまくりウィーク中日

そして、2日目は、shray@ホテルオークラロビーコンサート23でした。

shrayホテルオークラロビーコンサート23

普段は、近所なのに敷居が高いんではないか、と、
なかなか入ることの出来ないホテルオークラさんですが、
入ってみれば、さすが一流ホテルです、
ワタシみたいな小僧(?)にも、爽やかな笑顔で応対して下さるスタッフさんばかりで、
最終的には、ついつい、いつもどおりの、
シモソウルたっぷりのワタシの「素」が出る一夜になっていたと思います

ソファ席では、たくさんのお客さまが聞いて下さっていました。
そして、ちょうどホテルに入ってきた団体のお客さまも、
ソファに座り切れず、立ったまま鑑賞してくださる姿も見受けられ…。

ホテルでのこういうコンサートの企画って貴重ですね。
ここらに住んでいると、宿泊先として利用することは皆無に等しいですし、
レストランやラウンジなどは、
お財布の中身と相談すると、ちょっと躊躇してしまうワタクシですが、
こんなふうに、気軽に立ち寄れるのはウレシイですよね。

こちらも毎月23日に、いろいろなジャンルの演奏者さんが出演されています。
チャンスあるとき、足を運んでみてください。

そして、shrayをまた見たい!という方には…

6月24日(月)に器さんでライブですよ。
詳しくはまた!




おんがく情報 | Comments(0)
2013/05/25.Sat

弾きまくりウィーク初日

行ってまいりました、五泉のレストラン「5SEASONS kitchen」さん。
音楽イベントで、ディナーと一緒に、コンサートを楽しんで頂きました。

今回ワタシは、3回目の出演の機会を頂き、箏の藤崎浩子さんとの共演でした。

5SEASONS kitchen藤崎浩子さんと

ありがたいことに、満席の店内、
常連のお客さまを始めとして、
みなさま、暖かい拍手とご声援を下さり、
演奏者自身、本当に楽しいひとときを過ごさせて頂きました。

お客様のテーブルとの距離も近い分、フレンドリー度も近く(笑)、
MCのときも、思わず会話して盛り上がったりして、
生きるうえで欠かさない「食」と、
なくても生きていけるけどあったらウレシイ「音楽」が、
見事に会場で一体となっていた気がします。

今回は、お客さまからのリクエストもあり、
ジャズスタンダードナンバーをお箏でご披露したり、
箏から生まれた日本の名曲のジャズ風アレンジなども演奏しました。
もちろん、お箏の音色がじんわりとココロに沁み入る名曲もあり、
お客さまも、涙流したかと思えば汗流したり…と、
多岐にわたるジャンルに食いつくのにお忙しかったことでしょう(笑)。

貴重なチャンスを下さった5SEASONS kitchenの皆さん、
足をお運びくださったお客さま、
箏の新しい魅力を余すところなく発揮して下さった浩子さん、
心強いサポート力でお手伝い下さった鯨岡さん、
ありがとうございました。

皆さん、またの機会をお楽しみに!





おんがく情報 | Comments(0)
 | HOME |