FC2ブログ
2019/07/06.Sat

マンモスと恐竜

友だちのみやちゃんから『マンモスの鼻』を頂きました。

お菓子ね。

お台場の『マンモス展』に行ってきたそうで、
しばしマンモス話で盛り上がりました。

マンモスがこの地球上を歩いていた、って想像するだけで、
地球の懐の深さ大きさに卒倒しそうになる。
ワタシなんて、ニンゲンなんて、
地球の歴史から見たら取るに足らないレベルでちっぽけだよなぁ、って、
些細なことがソソっと消えていく(気がする)。

そして、
マンモスよりまたちょっと(地球レベルで言えば『ちょっと』)前に生きていた恐竜。
恐竜の時代にも地球はあって、
やっぱり、地球に対したら、ワタシなんぞ、ニンゲンなんぞゴマ粒。

地球さま、ありがとう。

恐竜を描いたお話で好きな本が、コチラ。
村山由佳さんの『さいごの恐竜ティラン』。

マンモスと恐竜

久しぶりに読みたくなって本棚から引っ張り出しました。
ほぼほぼ絵本なので、サクッと読めるんだけれど、
読み終わって号泣。

もひとつ大好きな恐竜話、ディズニー映画『ダイナソー』。
押し入れからDVD引っ張り出してみたんだけど、
宮殿にはテレビがないんだった…DVD見られない。

詳しいお話の内容は脳ミソの奥の奥にしまってあるけれど、
今でも、最後のセリフを思い出しては、うるうるする。
『私たちが生きていたことを忘れないでほしい』。

恐竜、マンモスが生きてきたこの大地に、
ワタシたちは生かされてるんだなぁ。










ということで、マンモスの鼻はワタシの胃袋に収納されました。
美味しかった




スポンサーサイト
ポレポレ日記 | Comments(0)
 | HOME |