2012/09/21.Fri

昭和なひとときでした

新潟市役所ロビーコンサート「昭和をうたうvol.4」、無事に終了いたしました。

立ち見も出るほどの満席の中、コンサートの開始時間。
皆様からの拍手に迎えられて、フルートの市橋靖子嬢と一緒に、ステージへ。
あれ?パーカッションの本間美恵子さんがいない?!

「本間さーん!」

会場後方から
「ワンツーワンツー!!」の掛け声と同時に、ドラムマーチが
本間さん、マーチング用のスネアドラムを肩から下げて、
歩きながらステージへ登場。
マーチングドラムに合わせて「365歩のマーチ」でコンサートは始まったのでした。

大きな手拍子を頂きながら賑やかにオープニング曲を終え、
2曲目からは打って変わって、真っ昼間ですけどムーディータイム
「ヴィブラフォンで聞く石原裕次郎」のコーナー。
ヴィブラフォンという楽器、実物を目の前で聞ける機会はレアだと思いますが、
すごーーーく簡単に言うと、電子鉄琴です。
鉄琴の響きに、電気の力でビブラートをかけることが出来、
ムード歌謡には欠かせない楽器です(ワタシの勝手なイメージですが)。

なのに、なんと。
ここで懺悔させて頂きますと、1曲目のワンツーワンツーのあまりの強烈さに、
演奏者であるワタシ自身が舞い上がってしまい、2曲目以降もそのテンション持続…
大事なヴィブラフォンの聞かせどころのイントロフレーズを、
私がピアノで弾いちゃった…ガビーン

本間さん、ワタシの「フレーズ横取り」に気付きながらも顔色ひとつ変えず、
その後のオブリガードから、さりげな~く参加。
さすがですっ!

手前ミソになっちゃいますが、
おかげさまで数々の共演の機会を頂き、気心知れた仲、
市橋さんも含め、
何があっても信頼できる、いい絆を築かせてもらっているなぁ、と、
チーム(と呼ぶにふさわしい)に恵まれていることに感謝です。

ムーディな時間の後は、また賑やかに。
昭和を生きた皆さんに、
あ、もちろんその後の平成もイキイキと生きておられる皆さんですが、
昔よく口ずさんだであろう頃を思い出して頂きながら、
懐かしの名曲を演奏し、あっという間の30分でした。

最後の曲は、「憧れのハワイ航路」ならぬ、
佐渡から「通勤」している靖子嬢が吹く「憧れの佐渡航路」。
大きく暖かな拍手に包まれ、おかげさまで、楽しいコンサートになりました。

プログラム内容や、時間帯を見ても、
昭和に青春時代を過ごした人生の先輩方の多いのは必然なのですが、
そういった方々から笑顔が溢れる会場、というのは、
ステージ上から見ていて、本当にうれしいものです。
たくさんの苦難を乗り越えて今を迎えている経験豊富な皆さんが、
心から楽しんで下さる姿というのは、
ひとつふたつ下の世代のワタシたちにとって、大きな励みになり、
もっと真摯に、
そして矛盾するようですが、いい意味で肩の力を抜いて音楽と向き合っていこう、
と、改めて思うところです。

貴重な機会を頂きまして、ありがとうございました。
Vol.5で皆さまに再びお会いできることを祈りつつ


スポンサーサイト
おんがく情報 | Comments(2)
Comment
コバさん
よかったてぇ~、楽しんでもらえたみてぇでぇ~♪

そうなんです、ヴィブラフォン、間近で聞くといいですよね。
なるほど、「そっとお休み」ですね。
このシリーズには、隠れファンがいて下さるようで(笑)、毎回、希望曲がどこからともなく沸いて出来てきますので、その中に入れさせて頂きますね。

その前に、第5回目のお呼びがかからねぇば、ダメらろもねぇ~(^-^;)
上手らったいね!
ブランディーグラス 良かったです、昔スナックで歌ったのを思い出してグッと、来ました。
 おしゃべり。新潟弁も上手らったいね。
次回も期待しておますが、ヴィブラホンが光ってましたので、平岡精二作曲の「そっとお休み」など、演奏してもらいたい、と勝手に思ってます。
また、J-POP、フォーク、GSは、お呼び出ないでしょうか?? 2〜3曲混ぜてもらえると……これらも昭和の歌なので……。場所を変えてもいいですよ。LIVEは、いいですね。
祥子ちゃん達、なんでもできんだ ねっけ!!  頼むレネ。

管理者のみに表示