2012/10/21.Sun

西川地区の皆さんに佐渡の香りをお届けしました

10月19日、ご案内しておりました西川多目的ホールにての、
「秋の夜のみんなのコンサート」、
無事に終了いたしました。

地域の皆さんのボランティアを中心に成り立っているこのコンサート、
スタッフの皆さんの暖かい「おシゴト」に支えられ、
フルート市橋靖子嬢ともども、私たちらしい内容でお届けできたと思います。

コンサートの前半では、
オカリナで唱歌や抒情歌など秋のメロディを、
昭和の皆さんに懐かしい「昭和を歌う」シリーズの名曲を、
会場の皆さんに飛び入り参加して頂いてハンドベルを使ってドレミの歌の演奏を、
ほんわかした雰囲気の中、お届けすることが出来ました。

そして、コンサートの後半は、ワタシたちのオハコ、
「佐渡の美しい自然と音楽」、という、
佐渡の写真をバックに曲を合わせる映像コンサート。
今回初めての、佐渡を離れての「本土上陸」となりました

このコンサートのテーマは、「音楽のふるさと」。
靖子嬢が今住んでいる佐渡の美しい風景を紹介することで、
目の前の風景を会場の皆さんにとってのそれぞれのふるさとに置き換えて、
ご自分の大切な場所への想いを新たにして頂けたんではないかな、と思います。

佐渡の風景を紹介する、という意味だけでなく、
自分の住む場所にはまだまだ知らない美しい風景があるのかもしれない、と、
郷愁を誘う秋のゆうべであったなら、ウレシイです。

西川の皆さん、素晴らしいホールにおじゃまさせて頂き、ありがとうございました。
そして、奏者の我がままもドーンと叶えてくださった、
平井さん始め、ボランティアスタッフの皆さん、
本当にありがとうございました。


秋のイベントはまだまだ続きます…


スポンサーサイト
おんがく情報 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示