2013/01/07.Mon

新春の音色はいかがでしたか

お正月のお出かけで賑わうイオンモール新潟南で、
箏の藤崎浩子さんと演奏してきました!

新春を華やかに彩ろうと、ふたりでドレス

…肩とウデ丸出し、寒かったぁ

ですが、浩子さんはさすがのステージ人です、
寒さを微塵も感じさせない堂々とした魅せっぷりで、
隣にいたワタシを筆頭に、多くのお客さまの心をつかんでらっしゃいました。

箏とピアノの調べ 上から見ると…
(浩子さんより頂いたお写真お借りしまっす!)

以前、ヤマハっことして育ち、
ヤマハの歴代電子オルガンと格闘してきたワタシは、
箏の「ねいろ」は、電子楽器の「おんしょく」としてお馴染みで、
ボタンを押してそれっぽくフレーズ弾いて勝手に楽しむものでしたが、
「ほんもの」に触れることはやっぱり大切です。
実際に演奏する姿や、
弦から本体の木に響く「おと」を認識するチャンスがほとんどなかったのですが、
この数カ月の間に箏奏者藤崎浩子さんとご一緒させて頂く機会をもらって、
その「生」の魅力に、イチコロであります。

浩子さんと一緒にいると、
箏を演奏しているときのみならず、
音色に加えてそのお人柄にもとても安らぎを感じ、
と言いますが、恐れ多くも、とってもフレンドリーなので、
日本の伝統楽器もこんなにも身近なんだなぁと、
ありがさみを実感しております。

お箏も、ピアノも、大きくとらえればどちらも、
弦をはじいて(たたいて)ならす楽器。
西洋と東洋のよさを合わせたようなふたつの楽器のコラボ、
もっともっと楽しんでいきたいです。

また皆さんにお目にかかれる日を楽しみにしております。

そうそう、今回のステージにもたくさんの方が応援にきてくれました。
1回目のステージのあと、
2回目も来るようにとのワタシからの無言の圧力(笑)に応えてくれた方、
春色のお花を持ってきて下さった方、
食べるの大好きなワタシにおいしい手作り品をご持参下さった方、
以前コンサートでお世話になった学校から久々の再会に来て下さった方、
そして、お馴染みの心強い応援隊のみなさん、
ありがとうございました。
また、偶然にもお買いものついでに足を止めてくださった皆さん、
ありがとうございました。

皆さんにとって2013年が、
元気で明るい「ひまわり」のような1年になりますよう、
心を込めて演奏させて頂きました


スポンサーサイト
おんがく情報 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示