2013/09/26.Thu

山田耕筰のシゴト

今、猛練習中なのが、この曲。

山田耕筰作

私の愛する母校、新潟市二葉中学校が、
今年度いっぱいで廃校となり、
おとなりさんの「舟栄中学校」と統合されて、
「新潟柳都中学校」に生まれ変わります。

かつては、新潟随一の生徒数を誇り、
校舎が足りずにプレハブまで作って対応していたらしいですが、
今ではなんと、各学年20名ほどしかいないようで、
時代の流れとはいえ、寂しい限りです。

11月2日(土)は最後の文化祭「二葉祭」、
そこで、閉校式典をするそうです。
地域のみなさん、卒業生のみなさん、ふるってご参加ください、というご案内が、
HPに掲載されています。

そして、夜は、ホテルイタリア軒で、「お別れ会」があります。
こちらは、事前の申し込みが必要だそうですが、
卒業生の皆さん、ぜひぜひ、一緒に、二葉の校歌を歌いませんか?

私も、昼間の「式典」にはシゴトで出られないのですが、
夜の「お別れ会」は参加させて頂きます。

二葉中の校歌は、なんと、作曲が、かの「山田耕筰」!
教科書に載ってる人物ですよ!
モジャモジャ頭のベートーヴェンと並んで、
肖像画(または写真)の載っちゃってる日本を代表する作曲家ですよ!

ワタシは吹奏楽部でトロンボーンを吹いていたので、
一般の生徒よりも、「歌う」回数がかなり少なく、
伴奏をすることがほとんどだったのですね。
そのせいか、トシのせいか、
今となっては、実のところ、メロディーラインよりも、
伴奏のボッボッ♪的なフレーズに馴染みがあるような気がしますが、
久しぶりに楽譜を見ながら歌ってみて、
あ~~~、そうそう、こうだった!と、
中学時代の楽しかったあんなことやこんなことと一緒に、
懐かしく思い出しています。

「お別れ会」は、参加費の振込みでお申込み完了となるそうで、
しかも、その締切が9月末なので、
さあ、かつてのふたばっこの皆さん、お急ぎください!

詳しくは、こちらの二葉中HPに。

末筆ながら、
ワタクシ、大変光栄なことに、
お別れ会では、ピアノの伴奏を担当させて頂くこととなりました。
皆さんの温かい歌声で、
どうかどうか、ワタシのつたないピアノの音をカバーしてください



スポンサーサイト
曲のおもいで | Comments(4)
Comment
新潟市立二葉中学校校歌の楽譜
昭和32年卒業生の同期会が平成28年9月27日に東映ホテルであります。校歌のタクトを振りますので、どなたか楽譜をご提供くださいませんか。
No title
~Gの魂さん~

ほんの一部での有名人です…二葉卒の親戚の範囲で(笑)。
でもね、ワタシは卒業生名簿では、おそらく、
「消息不明」となっているかと思います。
ま、いいんです、そのままで。

山田耕筰は、ドカベンの主人公じゃなくて、
おじゃまんがの主人公じゃなかったっけかなぁ。


~samさん~

すばらしい「クイズ問題」になりそうですね。
「あわて床屋」は知らなかったです。
レパートリーに入れなくちゃ(^-^;)。

「柳都中学」、なんか芸能人が生まれそうな学校名ですよね。
…伝統芸能の…。

弾厚作ってのもいたなぁ~
柳都中学・・・・おっさん的にはしっくりこないけど・・・まあ時が解決してくれるのか・・・。

「この道」は「砂山」に続く道、「ウサギのダンス」を見ようと行ったけど「待ちぼうけ」もあったね。秋には「赤とんぼ」が飛び、「あわて床屋」へ行く時もよく通るよ。床屋の「ペチカ」は暖かいよぉ~。
二葉中
お別れ会でのピアノ伴奏ですか、すごいなぁ。
よくある「有名人の卒業生」のリストの中にショーコさんも入ってそうですね。

山田耕筰ならぼくもよく知ってますよ。
確かあの水島新司の漫画・ドカベンの主人公でしょ?


管理者のみに表示