2013/10/18.Fri

モテ期到来

チャリで信号待ちをしていたら、
若干斜め後ろに停まった車が、
停止線ギリギリのところまでス~っと近づいて来ました。
ん?知り合い?かと車内を窺ったら、
まったく知らないヒトだけど人懐こそうなご婦人が、
ウィ~ンと窓を開け、「髪型ステキ」と。

一瞬なにが起こったのか把握出来なかったのですが、
要は誉められてるんだな、と、こちらもニコっと

美容室どこに行ってるの?カットがすごくステキよ、と、聞いてきたので、
中学の同級生のお姉ちゃんのお店の名前を教えてあげました。

ちゃんと聞き取ってもらえたかなぁ、と心配しつつも、
信号が青に変わったので、後続車の迷惑にならないよう、発進。
ワタシも手を軽く振りながら漕ぎ出しました。

次の信号に停まると、先を走って行ったさっきの車のご婦人が、
わざわざ停車スペースに停めて、
車を降りてもう一度ワタシのところへ。

やっぱりお店の名前が覚えきれないようで、
もいっかい説明。

「いいわぁ~いいわぁ~~」と、
しまいにゃワタシの後頭部のあたりをフンワリと触りながら、
それぞれの部分の長さのバランスを絶賛。

なんだかフシギな体験でしたが、
オシャレなご婦人だったし、
誉められて悪いことはないので、
テヘヘ…とウスラ笑いを浮かべながら、
ワタシもマンザラじゃないね
なんて、調子に乗ったりして。

でも、冷静に考えてみると、
ワタシが誉められたワケではなくて、
美容師さんが絶賛されてるのか。



いつもありがとう、京さん。


スポンサーサイト
ポレポレ日記 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示