2014/11/13.Thu

虹の彼方の現場に行った話

急激な大粒の雨やあられ、そして強風。
かと思えば、突然の一瞬の青空。
と、目まぐるしいお天気の木曜日でした。

そんな中、五泉までドライブドライブ。
がてらの、お仕事(笑)。

道中、ふと横を見ると、クッキリと色鮮やかな虹が

over the rainbow前の虹

なかなかシャッター押すタイミングがなくて、
やっと撮ったときには、すでにだいぶ短くなってしまいましたが。

なんと、向かった先のコンサート会場で、
尺八の鯨岡徹さんの名演「Over the rainbow」の伴奏をする、という、
タイムリーな出現でした。
さあ、この虹を超えて、会場に向かいますよ

五泉の由緒ある割烹で、「夜会」が開かれまして、
そのゲストにおよばれコンサートでした。
五泉を盛り上げるいくつかの飲食関係のお店がコラボしての企画、
地域を愛する多くのお客さまが盛り上げてくださっての、
とても楽しい一夜になりました。

伝統と斬新さをバランスよく奏でる鯨岡さんの尺八は
隣で伴奏していてもとてもエキサイティングで、
お客さまからも、「尺八の印象がかわった!」と、
きらきらした目で絶賛される、素晴らしい演奏です。
鯨岡さんの話を聞いていると、
今でこそ敷居が高いように感じる和楽器の世界が、
実はこんなにもポピュラーで、親しみやすい楽器なんだ、ということがわかり、
ご一緒させて頂けるヨロコビも倍増

おいしい「コラボサンド」や、おみやげのパンなど頂き、
皆さんに笑顔で見送られ、
次の仕事用のこれまたエキサイティングな音源など聞きながら、
そして、頂いたパンを早速かじりなら、
ウッキウキ気分で夜道を走る帰り道…。
テンション上がりまくりのワタシは、うっかりY字路をいらん方向に曲がり、
新潟とは違う方向へと向かうのでありました。
後ろを走っていた鯨岡さんは、そんな先行車を心配しつつも、
離れてゆくワタシをただただ見送るしかなく…。
お騒がせいたしました

ま、そんな間違いも、旅芸人の楽しみ。
ダイジョブ、ちゃんと宮殿に戻れましたから。

…帰巣本能はあるらしい。


スポンサーサイト
おんがく情報 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示