2014/11/27.Thu

西蒲区の学校公演に行ってきました

新潟市の西の方、巻方面には、
個人的に行きたいお好みの場所がポロポロとあり、
わりとちょくちょく出現しておるのですが、
こちらへは初めて、という高校へオジャマして、
トランペットの藤井裕子さんとコンサートの出前をして参りました。

二人で水色のおドレスチーム。
写真は…忘れた。
妄想してお楽しみください。

ご縁あっておよばれしたのは、新潟県立西蒲高等特別支援学校さん。
出迎えて下さった先生方も校舎内の日あたりも、とても開放的な明るい雰囲気で、
・・・と言っても、残念ながら雨降りだったのですが、
生徒さんたちの期待をずっしり感じつつ(笑)、順調にリハーサル。

生徒さんと、保護者の方々と、先生方の大きな拍手に迎えられ、
なごやかにコンサートはスタートしました。
教科書にも載っているようなポピュラーソングから、
クラシックのアレンジもの、
鍵盤ハーモニカを使って動くピアニスト(笑)ご披露から、
小道具使ったトランペットの多彩な音色の吹き分け、
そして、裕子さんが牛飼い(笑)に変身して「クーグロッケン」の演奏。

間近で聞くトランペットは初めての生徒さんが多かったようですが、
裕子さんのトークと共に存分に味わって頂けたことと思います。

ワタシが裕子さんと初めて出会ったのは、
会場にいる生徒さんたちと同じトシの頃。
高校時代の部活の先輩後輩として出会い、
音楽室の一番後ろの列で、前列の仲間の後頭部に向かって、
ゆこさんはトランペットを、ワタシはトロンボーンを
懸命に吹き鳴らす、という青春時代を過ごしたのでありました。
そんな時代に知り合って、その後はそれぞれの道へと進み、
お互い音楽を職業とするようになって偶然の再会から共演させて頂くようになり、
そして、自分たちの出会った年頃の皆さんにコンサートをお届けする、
なんて、すごくすごく嬉しいことだなぁ

コンサートの後は、
廊下で会った生徒さんが、興奮冷めやらぬ様子で声を掛けてくれたり、
保護者の皆さんが、普段躊躇してしまうコンサートを
子供たちに体験させることが出来たと喜んで下さったり、
私たちにとってもすごくうれしい感想をたくさん下さいました。

そして、記念に残る嬉しいプレゼントも頂きました。
もっとたくさんのステキなお土産を頂いたのですが、
画像ではほんの一部をご紹介。

2014クリプレ第1号

生徒さん手作りの、クリスマスオーナメントのツリーとクマちゃん。
すごいホッコリするぅ~

お世話になった関係者の皆さん、ありがとうございました。
ゆこさん、パスタ1回分ありがとうございました(笑)。

さて、11月のイベントはひとまずこれで終了。
今後は、クリスマスイベント、そして新春、バレンタインに向けて、
『寒い冬にはコンサートであったまってねシリーズ』に入りマスよ!

クリスマスは複数個所に出没予定です。
近日中にご案内しマッス!
待っててね。


スポンサーサイト
おんがく情報 | Comments(2)
Comment
Gの魂さん
はい、もうちょっと!
もうちょっとよ、そうなの、もうちょっと。
もうあとほんのちょっとで書くのよ。

なんて書いてるヒマあったら、さっさと更新しろ。
ということですよね。

e-466

うん
待ってる!e-465

管理者のみに表示