2015/05/17.Sun

春の夜長に想うこと

今日の午後は、いつもの披露宴会場で過ごしました。
いつも元気な笑顔で、
会場を明るい雰囲気にして下さっているサービススタッフの皆さん。
この道の「プロ」の方ばかりで、
脇でピアノ弾きつつも、こちらまでシャキッ!っとしちゃうような、
自慢のスタッフさんが揃っている、ワタシが担当させて頂いている会場。

今日は、一時離れていた方が、久々に復帰の日だったそうで、
懐かしいお顔にお会いすることが出来ました。

聞いてびっくり、3年ぶり…とのこと。

?!?!?!

最後にオシゴトご一緒させて頂いてたの、
ついこないだのような気がしてたのに?!?!?!

さんねん?!?!?!

さ、さ、さ、さんねん?!?!?!

もうそんなに経ってたの?!?!?!?!

と、かなり衝撃を受けてしまったワタシでありました。

3年の間、ワタシは一体何をしてたんだろう?
ピザばっかり食べてたワケではないと思うんだけれど、
いやーーーん、ついこないだじゃん、3年前って…。

トシを重ねると、小さいころよりも、月日の経つのが早い、とよく言われ、
実際、科学的根拠でも納得できる説明があるようで、
ワタシもそれを聞いたときはなるほど!!!って思ったのに、
今ここで、皆さんに分かりやすく説明を、と言われても、まったく手も足も出ない?
なんか、過ごしてきた年月の相対的な長さが関係してたような…
ごめんなさい、わからん

難しいことはおいといて。

春の夜長は、取って置きの頂き物の珈琲を飲みながら、
昭和の時代に思いを馳せて、
来週末出演するTHE SHOWAなコンサートのおさらいをしているのでありました。

春の夜長のコーヒー

なんてね。

今夜も集中力をどっかに忘れてきたみたいで、こうしてブログ書いてたりするワケです。

長くなるけどもうひとつ。

披露宴の後に行ったオシゴト先のレストランで、
とても素敵なご家族連れのお客様に、
「カワサキショーコさんですよね?」と声を掛けられ、
ん?と思ったら、
音楽教室講師時代に発表会の司会のお手伝いをさせてもらってたときの、
出演なさってたこどもちゃんのご家族の皆さんでした。

ワタシが司会してたことを覚えててくださってる、ってことは、
かれこれ10年前のワタシを覚えてる?ってこと?
そして、今とてもキレイなお嬢さんになっているあのお二人が、
出演なさってたちっちゃなこどもちゃんだったってこと?

なんて、お食事のBGM弾きながら、
流れる月日に思いを馳せていたのでございました。

今生きてる人生の中では、今日が、
今この瞬間が、一番若いのです。
一瞬が過ぎるごとに、若さが更新されてゆくのです。
今なんです!
ちょっと前に流行ったけど、今です!

でもね。

明日出来ることは今日やらない…がモットーのワタシ、
のらりくらりと生きてゆくのです。

焦らない焦らない、でも今が一番若い…。

あはははは。



スポンサーサイト
ポレポレ日記 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示