2016/11/06.Sun

ウチラーしました

この秋の早いころに、いくつかの現場でご一緒させて頂いた、
篠笛奏者の渡辺百枝ちゃん。

その打ち上げを、まとめてドン!と、「ソトラー」しよう!!!と盛り上がっておりました。
ちょこっと涼しさ(寒さ?)の増す11月アタマに、
お外で、コンロ持ってって、ラーメン作って食べる、という簡易BBQ。

すっごい楽しみにしていたのですが、
予定の日に、なんとこのワタシが、ビミョーに体調不良。
そんなはずはない!と思いながらも、
やっぱりちょっと屋外はキケンかも…と弱気になってしまい、
やむなく中止。

悲しすぎる…。

来シーズンには、気の済むまで「ソトラー」にお付き合い頂くことにしまして、
せっかくラーメンとかも準備したし、
結局打ち上げしてないし、ということで、
日を改めて「ウチラー」に変更

家(うち)ラーメン、内(うち)ラーメン、打ち(上げ)ラーメン。
ウチラーメン。
ウチラー。

宮殿にて、お鍋スタイルの煮込みラーメンパーティとなりました。
そして、〆は雑炊。
更なる〆は、ももちゃんママからの差し入れのプリン。

ひっくり返るほどの満腹になって、
無事に打ち上がりました。
来春、またももちゃんとも色々と仕掛けていきますよ~。

そして、ももちゃん帰ったあとの、ひっそりした宮殿で、
ももちゃん差し入れのラストのひとつ、
ホントのホントの〆に、こんな高級プリン。

〆のプリン

ワタシ、「和三盆」っていう言葉に弱いのよねぇ。
わさんぼん。
ワサンボン。
Wasanbon。

ひらがな、カタカナ、ローマ字で書いてみたけれど、
とても美しい日本語だと思うのですよ、和三盆。
なんか、ワタシなんかが手を出せないお上品で高貴なイメージがあって、
ちょっとドキドキしながら頂きました。

宮殿の姫様は、おいしくお召し上がりになりましたとさ。

ズズ―っとすすりまくった庶民的なラーメン鍋の図は、
妄想してお楽しみください。
おちょぼ口で一口ずつ丁寧に味わった高級な和三盆プリンの図のまま、
〆させて頂きます



スポンサーサイト
ポレポレ日記 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示