2017/07/23.Sun

2017オカリナ発表会終了しました

2年に一度の「~市橋門下生による~オカリナ発表会」、
伴奏のお手伝いに行ってまいりました!

2年前のりゅーとぴあ能楽堂での発表会もお手伝いさせて頂いたので、
今回は会場が音楽文化会館に変わっているものの、
知ったお顔もたくさんいらして、終始和やかな雰囲気の中、勤めてまいりました。

趣味でオカリナを習っている皆さん(セミプロのようなチームもおありですが!)、
いつもながら、本当にすごいな~と思います。
もし自分が何かを習う立場で、
発表会までそのポテンシャルを保ちつつ、
楽しく、ときに厳しく続けられるだろうか…と考えると、
絶対に、挫折する…根性ナシの自分の姿が見えました

実際、大きな声では言えませんが、ワタシは大人になってから、
クラリネットを習った…こと…が…あ…る…とか、ないとか

それぞれ皆さん、お仕事や、ご家庭のことや、地域の役割や、
なんやかんやとご多忙な毎日なのです。
そんな日々の中で、個人練習をしながら、月に複数回のサークル練習で腕合わせをして、
ステージにあがる日を迎えるというのは、
並大抵のパワーでは出来ないことだと思うのです。

そこまでの楽しみ方が出来るみなさん、素敵だな

そして、そんな生徒さんたちを陰日向で支え、
音楽の楽しさと喜びを伝授しているのは、
講師の市橋靖子嬢と、本間千鶴子さん。
このお二人ならではの温かくて楽しい音楽空間を創り上げていました。

こっそり撮った、講師演奏のリハーサル風景。

20170722オカリナさん

ちなみに、私が担当した楽器ピアノの譜面台が立ってて、
こんなにバサーーーーーーーっと譜面が乗っているのはレアですよ(笑)。
普段は、譜面台は寝せたまま、
B5横型1枚ペラ~ンで済ませることの多い、
自由気ままなピアノ弾きですが、
今回は、生徒さんたちから溢れる音色をサポートする立場ですんで、
綿密な演奏計画が必要でして

門下生の皆さん、お仲間に入れてくださってありがとうございました。
『音』を『楽』しむ、という音楽の原点を見た気がします。
今後も色んな現場で経験積んで、皆さんの『音』を『楽』しくするウデを磨いてきますので、
ぜひ次回も呼んでね~

靖子嬢、千鶴子さん、大変お疲れさまでした。
また2年後に向けて、頑張ってください

スポンサーサイト
ポレポレ日記 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示