FC2ブログ
2017/11/08.Wed

自転車通勤を生んでくれた笹だん号

ワタシのCDに収録されているオリジナル曲の中に、
『自転車通勤』、通称『チャリ通』という曲があります。
自転車漕ぐのに3拍子、という、リズミカルなのかそうじゃないのか、
よく分からない感じなのですが。

某音楽教室の講師時代に、萬代橋をチャリで渡りながら通勤していたときに、
鼻歌から生まれた曲です。

そのときに乗っていたチャリが、こちら。

笹だん号見納め

いよいよ、明日、お別れすることになりました。

当時東堀通にあった街の自転車屋さんの店頭で出会って、
本体の鮮やかな青と、サスペンションの黄色のコントラストに一目惚れしてしまって、
思わず、この子ください!って言ってしまった、「笹だん号」。
優しそうな店主のおじいちゃんがこの子を連れ帰る準備を整えてくれている間に、
奥様が笹団子とお茶を出してくださったことから、
この名前が付きました。

あれから何年?
20年?
そこまでいかないか…。
でも、確実に15年は経っており、
その自転車屋さんはかなり前に閉店し、
そして笹だん号もアチコチにガタが来てしまい。

パンク修理しようにも、古すぎて部品がない、とのこと。
ブレーキも調整してもし切れずに後輪が止まりにくくなり、
ペダル周りも、どんなにメンテしても鳴きが止まらず、
いよいよサヨナラのときが来てしまいました。

先日、一足先に、防犯登録の抹消に警察署に行ったら、
オレンジのラベルのものは古すぎて既に自動的に抹消されてるかも、
と言われたのですが、
調べてもらったら、ちゃんと、残ってて、
当時住んでた東堀通の住所にこの子が登録されていました。

この子と過ごしてきた日々が確実に存在していて。
なんか、泣きそう。

というか、笹だん号が、泣いてる。
と思う。

ごめんね、これ以上直してあげられなくて。
今まで本当にありがとうね。


スポンサーサイト
ポレポレ日記 | Comments(2)
Comment
小林広行さま
もしかすると、大往生前のラストランは、居酒屋古里さんだったかもしれません!
お店の前でじーっと待ってる姿が愛しかったです( *´艸`)。
お疲れ様でした。
笹だん号大往生なり~。御主人さまからほんとに愛されたのデスね。お疲れ様でた。🚲~🚲~🚲

管理者のみに表示