FC2ブログ
2018/04/19.Thu

夢の力のお話。

今日は、まじめなお話を書きます。
長いです。

嬉しいメールが届きました。

ワタシが某音楽教室で講師をしていた頃の教え子ちゃんで、
今でもメールのやり取りや、コンサートにも足を運んでくれたり、と、
お付き合いしてくれているAちゃんから。

発表会で、4人チームで出場するときに、ワタシが書いた楽譜と、
そのときのプログラム。

夢の力

なんと!
20年前。
きっと、もう、「ちゃん」付けなんかで呼んじゃいけないんだよね、
当時は高校生でしたが、
今では立派に2人の子育てをしているママの年齢になってるし…。
でも、まあ、「ちゃん」です、ワタシにとっては「ムスメ」のような存在ですから(笑)。

20年もの間、大切に保管してくれていて、しかも、
『当時、この日の為にアレンジをしてくれているって事に感動、
手書きの楽譜に感動、とってもね、嬉しかったんです。』
というメッセージ付きで、ワタシに送ってきてくれました。

講師時代から、自分がステージにあがることが大好きだったので(笑)、
ステージにあがることの喜びを生徒さんにも伝えたくて、
ステージを存分に楽しんでもらいたくて、
発表会では、いつも、生徒さん一人一人の顔を思い浮かべながら、
その生徒さんの魅力が全開になるような、オンリーワンのアレンジを書いてきました。

今も、お陰さまでたくさんの方との共演の機会を頂いておりますが、
一緒にステージにあがる方が、ステージの上でとにかくhappyでありますよう、
そのhappyがお客さまに伝わりますよう…と、強く強く念じながらピアノを弾いて、
皆さんの笑顔に、ワタシ自身がシアワセをもらっています。
…ときに、切ないバラードももちろん、あります。
そんなときは、笑顔じゃなくて、眉間にシワ、です。
会場中、眉間にシワ、です。

今日は、『俺のイタリアン新潟三越前店』さんにて、
ボーカリスト阿部真由美さんとのステージでしたが、
真由美さんの表現力、すごいです。
その表現のはしっこに、ワタシもピアノで絡みつかせてもらって、
一緒に笑顔になったり眉間にシワになったり、本当にシアワセな夜なのでした。

とにかく。

ちょっと生意気に、おっきなことを言わせて頂きますが、
ステージで共演させて頂くみなさん!
ワタシが関わる以上は、必ずシアワセにします!
ステージにあがる喜びを、客席と一体になる喜びを、味わわせてみせます!








なーーーーーんつってな。

そんなことが堂々と言える演奏者になれるよう、精進して参ります。
来年、この業界での芸歴30年を迎えるので。


さらっと言ってみた。
芸歴30年。
何かの間違いかもしれん。

セリーヌ・ディオンが歌った「THE POWER OF THE DREAM」、
20数年前の曲ですが、今聞いても勇気づけられる名曲です。
アトランタオリンピック開会式で歌われた曲、興味ある方ぜひYoutube見てみてね。
夢の力の強さをもらえるよ。


スポンサーサイト
曲のおもいで | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示