FC2ブログ
2018/09/01.Sat

2018アフリカポレポレ日記その2

Kenya到着2日目の朝。
日本で夜型生活のワタシは、6時間遅れのKenyaで朝型生活になると、
ちょうどいいサイクルで、まったく時差ボケはナシ。
ナイロビのホテルを7:30に出発。
今回の旅をアシストしてくれるドライバーのスティーブと一緒に、
タンザニアとの国境近い、第一の目的地、国立保護区マサイマラを目指す。

途中、地球の割れ目と言われる「グレートリフトバレー」で休憩。

2018Kenyaグレートリフトバレー

柵の下をヒョッと覗いたら、かわいいハイラックス。

2018kenyaグレートリフトバレーのハイラックス

しばらく眺めて、ふたたびドライブ。

舗装されている道も、途中からはボコボコの土道。
前を走る車の砂ぼこりで、目の前真っ白になったり、

2018Kenya砂ケムリ

マサイマラが近づくにつれて、のんびり放牧する後ろで徐行したり、

2018Kenya道行く放牧

いつもながらの大好きなアフリカ風景、一瞬たりとも見逃すまい!
と、一切居眠りもせず、窓の外にくぎ付け。

お昼過ぎに、マサイマラのゲートに到着。
ゲート前で、いつものマサイのお婆たちの「熱烈物売り攻撃」に遭い、
うまく交わしながらゲートを通過すると…

途端に、野生の王国!

2018Kenyaマサイマラに入るとすぐキリン

キリンの登場がすごく多かった今回の旅。
遠くから見ても、その背の高さが広大なサバンナで印象的な風景を作っている。

さて。

今日の宿は。

実は、5泊する予定で日本で予約していたホテルが、ダブルブッキングで、
最初の1泊が、他のホテルに変更となり、
思いがけず、テントタイプの部屋に泊まれることになりました。

Ashnilというホテルで、マラリバーの目の前のお部屋。
部屋のテラスからは、目の前の川にカバが見え、
なんだか呑気な雰囲気。

2018KenayAshnil

(実際には、カバは非常にキケンな動物なので、
夜中にテントのすぐ脇を通って行ったときは、
その咆哮に目が覚めましたが、さすがに外には出てはいけません。)

部屋でちょっと休憩したあと、夕方のゲームドライブへ。
大自然の中を車で走って見て回る、いわゆる「サファリ」することを、
「ゲームドライブ」と言います。
今回の一番の目的は、「ヌーの川渡り」。
この時期に、タンザニアからケニアに向けて、マラリバーを命がけで渡る姿を、
ぜひ「ナマ」で見たい!という願いをドライバーのスティーブに伝えていたため、
ヌーの群れを追いかけに、マラリバー沿いをドライブ。

2018Kenya初日ヌーの群れ

おびただしい数のヌーが、今にも渡りそうに川のそばに集まってきている。

が、この日は、結局、渡らなかった。

明日の朝、渡るかもしれない、というスティーブの読みに期待して、
美しい夕暮れの中、ホテルに戻る。

2018Kenya初日夕暮れ

夕ご飯を食べたあとは、
電気とお湯の使える時間に制限があるので、早々に就寝。
ベッドの中には、湯たんぽがセットされていて、
寒いマサイマラの夜を快適に過ごさせてくれるホスピタリティに感謝。

夜中、カバの咆哮に目が覚めたのは、前述のとおり。
そのあとは、カバの鳴き声を子守唄に、ここちよい眠りで朝までぐっすり。

つづく。



スポンサーサイト
遠いどこかに… | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示