FC2ブログ
2018/09/17.Mon

2018アフリカポレポレ日記その7

滞在していたマサイマラの一番奥のエリアから、
この旅の次の目的地「アバーデア」までは、
車で7時間かかる、とのことで、
朝の6時40分にチェックアウトしてホテルを出発。

マサイマラのゲートを出ると、
たくさんの住宅街(!)を過ぎ、

2018082102

放牧中の少年と手を振り合いながら、

2018082103

湖のあるちょっと大きな町、ナイバシャを通り、

2018082104

滝のある町ニャフルルのちょっと手前で、とあるレストランでトイレだけ拝借。

のつもりが、
地元のおねえさんたちが食べていたごはんがあまりにも美味しそうで、
予定外だったけど、このお店でランチ。

2018082105

Githeriという豆と野菜のシチューを、
米とアボカドと、全部豪快に混ぜて食べるアフリカンフード。

そして、メニューに見つけた大好きなUjiも頼んだら、
ジョッキで出てきた…(笑)。

2018082106


穀類の粉をとろりと煮込んだケニヤの甘酒みたいな感じの飲み物で、
好みで砂糖とミルクを入れるんだけれど、
こんなに並々だと、ある程度飲んでからでないと、ミルクも入れられない。
さすがアフリカ。

どっちもすごい量で、このワタシですら残してしまったけれど、
すっごく美味しかった。

そして、おなかも満足して外に出たら、まさかの土砂降り。
道行くバイクも、傘立て運転(笑)。
普通の傘の形に、風になびくしっぽが付いてるみたいなデザイン。
特注なのかなぁ?!

2018082107

意外とバイクも走っているんだけれど(もちろん、ノーヘルニケツは当たりまえ)、
チャリも多い。

2018082108

さっきまで降ってた雨もあがると(たぶん雨の中でも…だと思うけど)、
道端で座って寛いでる人々、

2018082109

道端で寝転んで話し込んでいるひとびと、

2018082110

道端で完全にうつぶせになって寝ているひと、

2018082111

こんな景観広がるケニアの日常風景(なのか?)、
やっぱり大好きだ。
一緒に土の上に座ったり、寝転んだり、寝入ったりしたい…。

アバーデアまでの道のりには、ユーフォルビア・インゲンスが多かった。
下が樹で、上がサボテンになっている、ワタシのお気に入りの植物。

2018082112

夕方4時近くに、ようやくアバーデア国立公園に到着。
ここは、茶色かったマサイマラに比べて、全体が「緑」な世界。

2018082113

森の奥深くに建つホテル「Treetops」。
その名前の通り、元々は樹の上に観察小屋のような部屋を作ったところから始まり、
段々と増改築が重ねられ、
今では、ホテルの中に樹が通っているようなデザインになっている。
高床式の建物で、窓のすぐそばには池があって、
そこに水を飲みに来る動物たちが部屋やロビーの窓や屋上から見え、
「居ながらサファリ」の出来る場所。

2018082114

今日と明日はここでゆっくりまったりのんびり。
早速ロビーで紅茶タイム。

夜、寝るときは、部屋にあるブザーの電源をオンにしておくと、
人気の動物が来たときには、アラーム音で知らせてくれる。

2018082115

ゾウのファミリーが水を飲みに来たよ。
しばらく見ていたけれど、ゾウより先にお休み…。
ゾウの鼻が鳴る音や大きな足が地面を打つ音は、最高に心地よい子守唄。

つづく。

スポンサーサイト
遠いどこかに… | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示