FC2ブログ
2019/12/27.Fri

あの肉の行方

おととい、昨日、と、美味しいお肉食べまして、
すっかり『お肉ぴあにすと』としてお馴染みになりつつありますが、
残念ながら今日はお肉レス。

寂しいので、「あの肉」っぽいお肉の画像を、
過去のデータから引っ張り出して参りました。

あの肉ふう

骨付き肉。
(※ナイショにしてたけど、この夏ぼっちBBQやったときの画像です)

骨の付いた肉、と言えば、さて、何を想像しますか?

今のコたちは「ワンピース」で、
わてら世代は「はじめ人間ギャートルズ」なんですって。

もちろんワタシは、ワンピースですぜ。

と言いたいところですが、残念ながら、
まんまとギャートルズ。
マンモスのお肉ですよ。

でね、ギャートルズのエンディングテーマ「やつらの足音のバラード」。
改めて聞くと、この曲の歌詞が、深い。
あまりのスケールの大きさに、深遠な世界に引き込まれる。
私たちが生まれるずっとずっとずーーーーーーっと前の世界を描いていて、
今この地球にちょこっとおじゃましている自分の小ささに、
諦めの境地…いい意味でね。
どうしようもないじゃん。
大きな世界、地球の中で、ワタシなんて、ちっぽけ。
だからいいんだよ、これで。
無理しないでいこう。

さて。

こんなことを思ったのは、とあるニュースを見たから。

オリオン座の「ベテルギウス」が消えるかもしれないんだって。
科学的な説明は、ワタシはへたっぴなので、
興味ある方はニュース検索してね。
ざっくり言っちゃうと、
今、ベテルギウスでは異常な事態が起こってるかもしれなくて、
このまま星の寿命を終えると、3~4カ月は青い光、
そのあと1年くらいで光も消えちゃうかもしれないんだって。

空を見上げると、当たり前にあるオリオン座。
その左上の明るい星が、なくなっちゃうかもしれないんだよ。
ベテルギウスさんは、ワタシたちの想像を超える遠い昔から、
太陽に照らされて、地球に灯り届けて、
無限な宇宙の中でじーっと粛々と綿々と生きてる。
なんか、すごいなぁ、宇宙。
人間の力なんてさ、屁みたいなもんだよ。

だからね、いいんだわ、これで。
スッキリした。



スポンサーサイト



ポレポレ日記 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示