FC2ブログ
2020/02/12.Wed

ハワイ島行ってきました…その4

これを書いてしまうと、ワタシの旅も終わる…と思うと、
なんだか書くのが切ないのですが(笑)、
また次の旅へ気持ちを向けるためにも!

あっという間の最終日。
海へ!

海の日1

朝のハーバー。
ここから、おなじみのボート「KEIKI KAI」に乗って、
イルカに会いに行きます。

港を出るとすぐに、イルカたちのお出迎え!!!

海の日2

海の色が深いから、イルカの姿が分かりにくいと思うけど、見える?
もちろん、彼らはみんな、「野生」。
大きな生け簀で飼ったり、餌付けしたり、ということは一切ないので、
会えるかどうかも運次第。

でもね、比較的、会えるのよ…ラッキーなことに。

ここの場所ではちょっと一緒には泳げないので、
他の群れを探しに、島の沿岸づたいに、北へ北へ。

海の日3

このあとワタシは、すぐに、ボートの屋根にあがる。
真っ青な海の上、360度、視界を遮るものはない。
おひさまの光を200パーセント浴びて、
南の島の風を300パーセント受けて、
体中の細胞がウホウホ喜んでるのが分かる。

そうこうしているうちに、イルカの群れに出会い、
フィンとシュノーケルを付けて、海の中へ。
キュインキュインと、イルカの声を体で感じる。
あーーーーーー、この感覚!12年ぶり!
ちんたら泳ぐワタシを横目に、大勢のイルカたちが周りを囲むように泳ぎ、
そして、ワタシを置いていく…(笑)。

ということを繰り返すこと3回。

写真なくてごめんなさい。
想像してください!

海の中で自由に泳ぐイルカたちの姿は、
やっぱり地球の懐の深さを感じさせてくれる。
うまく言えないけど、みんな、生きてる。
地球に生きてる。
と思う。

ドルフィンスイムを終えて、少しずつ南下して港へ向かう途中、
再びイルカの群れ。

海の日4

チビちゃんたち、飛ぶ飛ぶ!

海の日5

なんか、嬉しいことあったのかな、楽しいことあったのかな。
そうだといいな。

楽しい時間はあっという間。
港へ向けて速度を上げる。

海の日6

この青い海の上で揺られているだけでも、
相当気持ちいい。
三半規管強くて、本当によかった。

船から降りて、今回の旅で知り合った北海道からのお二人に、
コーヒーショップとクッキー屋さんに連れていってもらって、
海から上がっても充実の時間。

そして、この旅最後のディナーは、
ダイビングショップのスタッフさんと、この旅の友おふたりと、
ベトナム料理のBALE へ。
海に潜ったあとって、なんか、麺類食べたくなるのよ(笑)。
で、ハワイのラーメン「saimin 」を食べようと思ったら、
以前とメニューが変わっててsaiminがなかった…(泣)。
でも、これも好きだから♪

海の日7

シーフードフォー。
絶対あとで喉乾くぅ~~~~とか言いながら、
最後の一滴までスープを満喫。

みんなと、またね!とお別れのあいさつをして、ひとり、ホテルの部屋へ。

あ、いまさらの説明ですが、一人旅でございます。
え?!ハワイにひとりで?!って結構言われますけれども、なにか?

部屋のベランダから、海と星空を飽きることなく眺めまして、
ハワイの空気をこれでもか!と体内に取り入れました。

海の日8

写真の右下の真っ黒のところは海。
写真の上半分の真っ黒なとこのゴミみたいなブツブツは星。
いつまでも聞いていたい波の音でしたが、
睡魔には勝てず、いつの間にか気絶…

そして朝が来る。

ハワイ島ともお別れ。
最後にハワイ島の場所を復習。

海の日9

泊まってたホテル「Royal Kona Resort」のロビーの床ですが、
これがハワイ諸島。
一番手前のひとつだけとてつもなくおっきい島が、
通称Bigislandといわれるハワイ島。
ちなみに、一番上の中央寄りの細いのがニイハウ島、
その右のまるっこいのがカウアイ島。
その下、Bigislandまでの直線上に、オアフ島、モロカイ島、マウイ島。
他、ちっちゃい島々。

日焼けをお土産に、日本に帰ります。
色白になるころ、また来るよ~。



とりあえず、おしまい。
Mahalo!

スポンサーサイト



遠いどこかに… | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示