2008/06/24.Tue

その先が気になる話

昨夜は、ハハのところで夜を過ごした。
ウチのハハは、意外とテレビっ子で、
HDレコーダー内蔵のプラズマテレビ(?)みたいなおっきいテレビがデデンとあり、
色んな映画や番組を結構録画しているようだ。

ハハがグースカピーッフグンッ!っと寝てる脇で、
撮り溜めてあったらしいドキュメンタリー番組を、適当に夕ごはんをつまみながら
まったりと見ていた。
BSの番組で、インドあたりの野生のトラの親子を追った番組だった。
ながら見してたつもりが、いつの間にか、メチャメチャはまりこんで、
ハハトラとかわいい4人の子供たちと、豪快なとうさんトラに釘付けになってしまった。

2夜連続だったようで、2夜目の最後には、
子供たちもだいぶ大きくなり、でも、まだ自分たちで狩りができるほど成長はしていない。
とーさんトラは、よそ者のトラとのなわばりケンカに負けたようで、
すごすごどっかに行っちゃってるし、
ハハトラも、胸に深い傷を負ってしまって、動けない。

ん?
で、その続きは?

と思ったら、実はこの番組、3夜連続だったようで。
それを知らないワタシのハハは、2夜分しか撮ってない…。

あーん、このファミリーどうなるの?!
ハハトラが狩り出来なかったら、子供たち空腹で弱って行っちゃうよ。
それに、ハハトラ自身も、弱って行っちゃうよ…。

気になって気になって。

で、先ほど、ダメモトでネットで検索してみたら、
3夜目の番組のおおまかなあらすじが、HPに載ってました。

自然界には、人間の感情の入り込めないオキテがあるから、
簡単に感想は言えないけれど…

でもでも…

気になるこの先、とりあえず、ホッとする結末だったので、
安心して仕事に行ってきます。

スポンサーサイト
ポレポレ日記 | Comments(2)
Comment
さっちゃんさん
ハハはときどきフガッって目を覚ましては、どうなった?って聞いてきてました。
続きの3夜目が見れないと言ったら、寝ぼけながらも「撮り損なった!」と悔しがってましたi-240
自然界の偉大さの中に身を置くと、人間も自然の一部なんだよなぁって、小さなことにこだわらない大きな気持ちになります。
もうちょっといろんな意味で、こだわった方がいい場合も多々ある私でございますi-235が。
自然ってチョー厳しい_alt_str_e_734.gif_
動物のドキュメンタリー物は涙なくしては見られませんよね(私が年とったせい?)
HAPPYでも泣けるし、かわいそうな場面が出ようもんなら号泣です
画面には映らない人間の知る事のない厳しさが山ほどあっても、動物や自然ってその運命をちゃんと受けいれているんだなぁ…なんてしみじみ思います(ノ_<。)
それにしても、お母さまの寝てる横でドキドキ!ハラハラ!しながらTV見てるショーコセンセの場面がとっても微笑ましくて大~好きです

管理者のみに表示