2008/11/24.Mon

佐渡の夜は更ける

行って参りました、佐渡。
初のアミューズメント佐渡にて、フルーティスト市橋靖子さんの伴奏の大役を頂き、
市橋さんよりもデッカイ音を鳴らしてきてしまいましたjumee☆imbeaten1R

今回のイベントは、ハンドフルートのCHILDHOODさんチームに、
シンガーソングライターの斎藤祥人さん、
そして、われらがフルーティスト靖子嬢&自由人ピアニスト(私のことですよ)チームの、
3組の出演となりました。

会場いっぱいにお客様があふれ、
ステージの上にいても、皆さんのにこやかな空気が伝わってきて、
ほとんどの方が初めまして~っ!のお客様ばかりなのに、
とっても心強く、和やかな空間でした。
佐渡の方たちの、音楽や芸能に対する暖かさですね。
そして、もちろん、イベントを支える、会場や主催スタッフの皆さんのお人柄の賜物と思います。

CHILDHOODさんは、爽やかな好青年(という言葉が本当にふさわしい)デュオ。
数々のTV番組にも出演され、もうすぐCDデビューも飾る、注目度ますますアップのお二人です。
お一人は、ハンドフルート担当。
手が楽器となる究極のアコースティック楽器で、とても興味深く拝聴しました。
そして、もうお一人がピアノ。
ハンドフルートの音色を優しく、ときには力強く包むピアノの音が、
お二人のサウンドをより豊かなものに広げています。

シンガーソングライターの斎藤祥人さんは、
実は、そのお姉さまに、私は15年近くも大変お世話になっており、
ご本人には今回初めてお会いしてご挨拶させて頂いたのですが、
お姉さま譲りの素敵な雰囲気に、すっかりファンになってしまいました。
お姉さまに、早速、ライブ(後の打上げ盛り上がり)の写メ送っておきましたよ~jumee☆SaturdayNightFeverL

そして、ご一緒させていただいた、靖子嬢のフルート。
この方のフルートは、本当にエキサイティングです。
ご本人は、私はクラシックだから!と言い張ってますが、
いやいや、なんのなんの、アナタ立派に、コッチ側(ってどっち側?)の素質充分ですよ。
今回は、私の異常に早い4ビートものにも、しっかりと食いついて、どころか、
私すっかりますますヒートアップしちゃって、更に突っ走る…
みたいな「煽り煽られステージ」の展開となりました。
…ごめんね、息継ぎするヒマもなく、死ぬかと思ったでしょ?jumee☆loud laugh3

イベント後の打上げでは、おいしい佐渡の味覚を堪能し、
翌朝が早かった私はひとり、両津港から徒歩5分の民家の部屋貸しのような旅館に泊まり、
アサイチフェリーで睡眠の続きをしながら新潟に戻って参りました。
本当は、両津港ターミナルで寝袋でもいっか~jumee☆peace2
くらいのノリだったのですが、靖子嬢から、
「嫁入り前の大事な御身ゆえ、お願いですから宿に泊まってください」と切望され、
本当に寝るだけ、の旅館に泊まってきました。
到着も夜中遅かったのですが、とっても優しい老夫婦が迎えてくれ、
昔ながらの和スタイル旅館に、なんか、里の実家(?)に帰ったような優しい夜でした。

佐渡の初冬は、気温は低いけれど、人情あたたかく夜が更けてゆくのでした。

スポンサーサイト
おんがく情報 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示