2009/03/12.Thu

譜めくリストになれないワタシ

確定申告に没頭するあまり、なかなかライブの報告も出来ずにおりますが、
そういえば、ちょっとおもしろかった先日のコンサートのエピソード。

先月末、北区のとある中学校の早春コンサートに、Euphorbiaで出演させて頂いたときのこと。

その学校の音楽の先生のピアノと、小学生でありながらフルートの達人の女の子とのデュオが、
私たちの演奏の合間に、ゲスト演奏してくれました。
Euphorbiaはいつもながらの「ソウル命(?)=楽譜無視?!」な演奏がメインだったのですが、
ゲストのデュオさんは、聞きごたえたっぷりのクラシックの大曲!
で、コンサートが始まる直前に、ピアノの先生が私に、「譜めくりをお願いします」と。

jumee☆point1d譜めくりとは?:演奏者の脇で、長い曲の楽譜を、演奏に合わせてタイミング良くめくっていくこと)

クラシックの「真っ黒」な楽譜には、あまり馴染みのないワタシ、
一瞬、何を言われたのか、聞こえないフリをしようと思ったら、
すかさずとなりにいたEuphフルート担当の靖子嬢、ワタシを指しながらナイスフォロー!
「このピアニスト、楽譜読めませんから!」

jumee☆imbeaten1R

靖子嬢、とってもナイスフォローですが、一応、読めるよ、譜面。
知ってるか(笑)。
一応、音楽でマンマ食ってますんで(笑)。

でも、確かに、初見で譜めくり、(しかも、お恥ずかしながら)知らない大曲の真っ黒けっけな譜面、
大切なお二人の演奏中に、譜めくり失敗した!なんか言ったら、
土下座して切腹しても、お詫びしきれないので、
靖子嬢のフォローに甘えて、結局、
Euphパーカッション担当の本間美恵子サマに譜めくりお願いしたのでした。

一応ココにピアニストがいるのに、
ピアニストではなくパーカッショニストがピアノの譜めくりをする…という、なかなか見れない展開が、
この中学校では繰り広げられたのでした。

果たして。

ゲストのお二人の演奏は素晴らしく、
譜めくり苦手なピアニスト(ワタシのことですよ)は、口をあんぐり開けながら、
会場の後ろで、拍手喝采を送っていたのでした。

実はね…
数年前、大事なステージでの友人のピアノ演奏の際、
まだめくるページが残っているのに、
お役目終了!と勝手に思い込んで、最後のめくりを放棄した失敗談がありまして。
ちょこっとトラウマ。
楽譜コワイjumee☆faceA137

スポンサーサイト
ポレポレ日記 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示