2009/06/07.Sun

初夏のパン祭り

どこぞのパン製造メーカーさんが、
春のパン祭りなるものを、毎年恒例でやってらっしゃいますが、
今日は、わが宮殿も初夏のパン祭りの開催となりました。

小学校時代からのなかよし、おとーさん&なみぃちゃんと3人で、
いろんなパンと、いろんな具材を準備して、
手巻きずしのパンバージョンみたいな食卓オープンキッチン状態。
雑穀パン、米粉パン、ゆで卵、ツナ、ポテトサラダ…。
好きなパンに、合いそうな組み合わせを想像しながら、
各自勝手に好きな具材をのっけて、大きく口を開けてパクリみゃ

本日のナンバーワンは、米粉パンにローストビーフ。
ふっくらモチモチしたパンに、
程よくソースの効いたローストビーフがよく合いますね。

そして、不動の、バケットにクリームチーズ。
クリームチーズは、やっぱりKiriのがおいしい。
これは冷蔵庫に常備です。

ちょっと手を掛けて、フレッシュな野菜を敷いたパンに、
こんがり焼いたシャウ(荒挽きソーセージのことです)。
あつあつのうちに、プチっ!と言わせながらジューシーにほおばる。

準備してる時は、コレ絶対、6人分くらいあるよね…いや、8人分でしょ…
なんて言ってたのに、
食べ終わってみると、やっぱりほとんどなくなってる。
こんだけあった食材、どこへ消えたんだろう?

…3人のハラの中。

さて。
こんなに食べることが大好きな私たちですが、
最後に、満腹のハラを抱えて笑った話をひとつ。

今日参加したメンバーの中のひとりは、
ゆで卵が食べたくて作ろうとしたら、作り方が分からず、
食べるのをあきらめたことがあるそうな。

なみぃちゃんに、ゆで卵は水から入れて、沸騰したら4分で今日の卵くらいのゆで加減、
と、教えられていました。

ブログには名前は書くな、と言われたので、本名は伏せますが、
わかった?おとーさん。

スポンサーサイト
ポレポレ日記 | Comments(2)
Comment
よな♂さん
ほうほう、なるほど。
すっごいおいしそうな卵の描写ですねe-372
その茹で方、おとーさんに紹介しようと思います。
一気に茹でた孫プロになったりして。
茹でた孫
水から茹でないで、グラッグラに沸騰した
熱湯から茹でるという方法もありますyo!
白身はそれなりにしっかりした弾力で、
黄身は若干とろ~ん、というヤツが
出来上がります。
ラーメン屋さんの味玉を作るときのやり方
です。

管理者のみに表示