2009/07/14.Tue

粟島体験記その2

いよいよコンサートの始まりです。

19:30開演ですが、そこはもちろん「粟島じかん」。
ゆっくりと集まって頂いて、ちょっとオシての開演。

コンサート前半は、タンゴ、ジャズ、ボサノバ…
島のみなさんに、美女3人(ダレ?)でのオシャレな(はい?)演奏を、
じっくりと堪能していただき…

演奏する姿そのものの躍動感のある音でのびやかに響く靖子嬢のフルート。
たった2台の太鼓から多様な音色とリズムを奏でる桝口プロのパーカッション。
二人の音を聞きながら、そのスキマにちょこちょこ参入するワタシのピアノ。

桝口さんがコンサート中のお話の中で語ったとおり、
それぞれがソロでも演奏できる楽器だけれど、
3人が揃うことで、また違う魅力や味が出てきて、
人と人との繋がりを深めてくれる音楽の力。
そんな想いがシンクロするメンバーと共演出来ることは、
私の音楽生活の大きな大きな宝です。

3人集合


3人の演奏を聴いて頂いた後は、
さあ、いよいよ後半、こどもたちの登場です。

島のこどもたちの集中力はすごいです。
午後初体験したばかりのオカリナから、あたたかい音でメロディーを紡ぎます。
ステージ上での経験が、こどもたちのこれからの道で、
なにかしら少しでも勇気や元気のきっかけになってくれたらな。
と思うワタシの方が、何か励まされたようでした。

そしてこどもたちの演奏で会場も更に和んだところで、
会場のみなさんから「お題」と「弾き始めの音」をご指示頂いてのピアノ即興演奏。
ゆったりした島時間の中に、たまに荒れ狂う海(笑)をチラホラ入れての
粟島オリジナルのご披露でございました。

コンサートのラストは、桝口プロの歌声も聞こえてくる1曲で、
楽しくフィナーレとなりました。

アンコールは、会場の皆さんにも口ずさんで頂きながらの、
ハッピーな1曲を。

大きな花束を頂いて、たくさんの拍手に包まれて、会場を後にし、
さあ、そして、懇親会へ(いわゆる、打ち上げです)。


つづく。

スポンサーサイト
おんがく情報 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示