FC2ブログ
2009/07/14.Tue

粟島体験記その3

コンサートも終えて、晴れ晴れした気分の3人に、
泊まりがけで島内のピアノの調律をしに来て下さった調律師の栗林さん、
到着時から大変お世話になった知れば知るほど味のある松浦さん、
粟島を、そして自然を心から愛す緑のふるさと協力隊のがぶさん、
限りなく前向きで天使の笑顔を持つたいちゃんさん、
おいしい自家製味噌と粟島特産キュウリを差し入れてくださった本保さん、
そこに、
おいしいお料理を提供して下さった民宿三吉のヨウコおかあさんも顔を出して下さって、
めちゃめちゃ楽しい宴会…もとい、懇親会…えー、反省会?でした。

島に住む皆さんの楽しさ、明るさ、団結、そういったプラスのエネルギーは、
本当はその後ろに存在して当たり前のご苦労も消してしまうほどの、
偉大なパワーでした。

自分が住む土地を愛し、盛り上げていこうとする若者たちの存在は、
なんか、日本、まだまだ捨てたもんじゃないよね、と、
じんわりほっこり嬉しい気持ちにさせてくれました。

朝の早い漁村の皆さんにとってはきっと「朝方」であろう日付が変わる時間まで、
にぎやかに楽しくお付き合い頂いて、
粟島の長いようなあっというまのような一日は幕を閉じたのでした。

翌朝、こっそり島から消えようと思っていた私たち3人でしたが、
前日とはうってかわっての抜けるような青空の下、
結局皆さんに豪勢にお見送りをして頂いての帰路となりました。
粟島汽船の皆さんもあたたかく許可&協力して下さっての、
紙テープセレモニー(というのかな?)アップロードファイル
よく、古きよき映画やドラマで見る、船出のシーン、アレです。

涙の紙テープ

紙テープの両端をあっちとこっちでそれぞれ持ちながら、
船が岸から離れていく…
あ~~~、テープがのびきる…
そして、とうとう手を離れたテープが風に舞う…
アレです。

生まれて初めての経験で、大笑いしながらも、なんだか涙が出そうでした。


もひとつオマケの感動秘話。

この写真の右から2番目の方、
わざわざお見送りに来て下さった粟島浦中学校の教頭先生なのですが、
実は、私の中学時代の美術の先生です。
もちろん、今回の再会は偶然です。
ワタシ、この先生に、自分の左手こぶしのデッサンを描く、という試験で
自己最高得点の96点をもらったことがあり、よーくよーく覚えておりました。
美術ではなく音楽という道に進んだけれど、
「芸への道」に影響を与えてくれた恩師のひとりです。
覚えていて下さってありがとうございます。
こんなふうに成長(?)いたしました。

いい出会い、いいご縁、いい仲間、たくさんの方々の中で音楽活動ができるシアワセ、
これだから、旅芸人音楽家、やめられませんjumee☆shy1


粟島のみなさん、本当にありがとうございました。
靖子嬢、毎度のことながら、いい現場に誘ってくれてありがとう。
桝口プロ、想像通りの魅力的な方でした、いいご縁をありがとう。

みんな、また会う日までアップロードファイル

スポンサーサイト



おんがく情報 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示