2009/12/08.Tue

読書のじかん

寒くなりましたねぇアップロードファイル

お風呂が極楽な毎夜ですアップロードファイル

ゆっくりとお湯につかりながら、買い置きしてある古本を読むのが好きなのですが、
今夜は、3年近くも前の、読み応えたっぷりの雑誌をパラパラとめくっていました。

当時100歳を迎えられた児童文学作家・翻訳家「石井桃子さん」を特集した雑誌で、
石井さんが携わった本がいくつも紹介されていました。

子どもの頃は、外国の本らしい…くらいの認識…すらなかったような絵本や児童書を、
図書館でたくさん借りて、
本読んだ数の多い人ベストテンに入れるよう、頑張っていたりしたものですが、
その本が、誰の作だとか、誰の翻訳だとか、
そんなことは覚えていない、もったいない過去の事実。

今日読んだ雑誌に、懐かしい児童書のタイトルがたくさん出ていました。
一部の本の冒頭部分も抜粋してあって、
いい加減、汗だくになりながら、読みふけってしまいました。

「ノンちゃん雲に乗る」

このタイトル、小さい時に読んだ覚えはあるのだけれど、
読み始めても、先が思い出せない。

いいところまでしか載せていなかったので、
続きはまた、図書館で借りてこようっと。

この本を書いた石井桃子さん、残念ながら101歳でお亡くなりになりましたが、
作品は、きっとこれから時代が変わっても、読み継がれていくんでしょうね。


ワタシのような、すぐ読んだ内容どころか、読んだことすら忘れるような、
そんな読書家でも、何度でも手に取りたいと思います。


スポンサーサイト
ポレポレ日記 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示