2010/02/01.Mon

真季10周年コンサートレポート

遅くなりました。
1月のシメ、31日の真季ちゃんの10周年記念のコンサートのレポートです。

真季ちゃんは、このブログにもたびたび登場する、
音楽仲間、というより、メシ仲間の(笑)ワタシの大切なともだちのひとりです。

地道に努力型の彼女は、
アットホームな小さなところから規模の大きな会場まで、
そして、最近では学校のご招待も受けたりしながら、
ちっちゃいちゃんからご年配の方までの幅広いファン層を持つ、
期待のシンガーソングライターです。
(webサイトはコチラ

真季ちゃんとは、不思議なご縁で、
最初に出会ってからかなりの年数が経つのですが、
一緒にステージに立つのは、実は数えるほど。
しかも、今までの共演は、真季ちゃんのプロデューサーでもある落合みつをさんのステージで、
ワタシがピアノを弾かせて頂いていたときに、1~2曲コーラスで入る、
という貴重な一瞬の共演ばかりでした。
今回は、ガッツリと全曲の共演(真季弾き語りの1曲を除く)。
プロデューサーみつをさんのお人柄と手腕で、
バンドメンバーも和気あいあいと結束し、
真季ちゃんの名曲を、ソロとはまた一味違うおいしさで盛り上げました。
しかも、真季ちゃんファンのみなさんにはお馴染の名曲Harvestでは、
真季ちゃんの歌にワタシのピアノだけ、という、とっても貴重なチャンスに恵まれました。

リハーサルを何度も繰り返し、当日は立ち見も出る満席、会場は飽和状態。
いよいよステージのスタート。
バンドメンバーが先にステージに板付き、真季ちゃんの登場を待ちます。
そして、真季ちゃんがたくさんのお客さんの拍手に迎えられて登場すると…

ワタシ、なんだか涙が出そうになりました。
今まで一緒にご飯を食べて、BBQに行って、どっか行く度にお土産もらって、
夜中まで(朝まで)音楽談義や人生相談(笑)をして、
朝のおはようメールや夜のおやすみメールをして(恋人同士か?!)、
そんな真季ちゃんが、多くの方の声援を受けてここまで来た姿を見たら、
そりゃもう感無量です

そして、真季ちゃんが最初の曲のイントロ、
ギターをポロロンと弾き始めたあとは…
そのあたりからの報告は、
また真季ちゃんのライブレポートを楽しみに待つことにしましょう。

とにかく、笑顔あふれる会場&ステージでした。
プロデューサー&ギターのみつをさんとは、何度もステージ上で顔を見合わせ「よっしゃ!」と、
ドラムのまつさんとは、ライブの前後もちょっと込み入った話で盛り上がり(笑)、
ベースのてっちゃんとは初めての共演でしたがその「動くベース」に魅了され、
こんなシアワセな一日にご一緒させて頂いたこと、心から感謝です。

真季ちゃんファンの皆さんも本当に暖かく、
会場には多くの「お父さん」「お母さん」の家族のようなまなざしが溢れ、
みなさんがそれぞれの感動の中で、
ときには楽しく、ときには涙しながら、コンサートを目いっぱい楽しんで下さいました。

プロデュースから演奏&コーラス、楽曲のアレンジすべてを担っていたみつをさん、
その素晴らしいシゴトぶり、勉強になります。
ありがとうございました。
聞き惚れる安心感たっぷりのリズム隊まつさん&てっちゃん、
楽しい時間をありがとうございました。

大きな勇気と励ましをくれた真季ちゃん、
本当にありがとう。

そして、会場に足を運んで下さった真季ちゃんファンのみなさん、
あたたかな一日をどうもありがとう。


スポンサーサイト
おんがく情報 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示