2010/04/19.Mon

富士見日記その1

さて、先回のブログで、「前夜祭」について書きまして、
その翌日から「本祭」があったことを匂わせておりましたが、
一生に一度の大イベント祭、「二度目の成人式記念旅行」について、
旅のご報告です。

多少(かなり?)、胃腸に不安を抱えたまま(笑)、
翌日の朝の新幹線で、東京駅に向かいました。
メンバーは、今年めでたく二度目の成人式を迎える、
小学校からの幼馴染み、なみぃちゃんとおとーさん、ワタシの3人です。
そして、東京駅で、
今回の旅の一番の難関と言われた「タマとの合流」が待っていたのでした。
何を隠そう、「タマ」は遅刻の常習犯、
一度目(?)の成人式もこの4人のメンバーで式典に行ったのですが、
タマの遅刻で(とみんなは勝手に記憶してますが)式典に間に合わず、
会場に着いたら既に終わってた…という経歴を持つ私たち4人組。

それが、なんと!
東京駅の新幹線の改札を出ると、タマが手を振って待っているではないですか!
こんな順調なことなんて…逆に不安

しかも、そこから先の乗り継ぎ電車の確認まで済ませていてくれて、
ここからは4人で新宿へ、そして高速バスに乗り換え、富士山麓の河口湖に向かいました。

とにかく天気が不安だったのですが、なんとかこの日は晴れてくれ、
河口湖駅に到着後、ドでかい富士山を駅の脇に拝みました。

河口湖駅の脇からみた富士山

ひゃ~~~、やっぱり日本一の山だね

ここからは、せっかくの富士山なので、登山!と言いたいところですが、
そんな体力も気力も持ち合わせていない私たちグータラ4人衆は、
バスで「富士山五合目」まで行くことに。

バスに揺られること40分ほど、いよいよ五合目に到着です。
寒い…ブルブルブルブル
でも、雲の切れ間から青空がのぞき山頂が見えると、テンションもあがりまくりです。

そこで、タマのひとこと。
「富士山のてっぺんって、ホントはギザギザになってないんだね」。
そうだよね!
富士山をイラストで描くと、たぶん大体の方が、山頂、ギザギザに書くよね?!
でも、実物はまろやかな曲線でした(笑)。
それに、五合目は、あまりに山が近すぎて、なんだか頂上までヒョイって登れそうな錯覚に。
身の程知らずの私たち…登山家のみなさん、軽い発言お許しください

富士山五合目にて

それにしても、観光客、日本人がほとんどいなく(笑)。
同じアジアの香りのする、中国や韓国の方がとても多く、
やっぱり、富士山は日本を代表するランドマークなのね、と実感

ひととおり五合目をぶらついたあと、
ここでしか買えない特製メロンパン「赤富士」を買おうと思ったら、
ものすごい人気で、次の焼き上がり時間が帰りのバスに間に合わないため、
やむなく断念
もし前夜祭を開催していなくてハラ具合も絶好調だったら、
メロンパン諦めきれずに暴れていたかも

ずーっと前から、
二度目の成人式にはどこかに旅行しよう!と、4人で盛り上がり、
函館ウマイものツアー、とか、ちょっとオトナに高級温泉旅館、とか、
色んなアイディアを出し合ったものの決め手に欠け、
なかなか行き先が決まらないまま記念yearに突入。
やっぱり日本人なら、一度は富士山見とく?と、
この1~2カ月でようやくパタパタと旅行の準備を始めました。

でも、しょせん、行き当たりばったりが好きなワタシたち、
旅行のツメも甘く、ここまで順調に五合目まで来れたことは奇跡に近く

どこかに落とし穴が潜んでいるのでは…、と、
ちょこっと不安?、ちょこっと期待?しつつ、
雪の残る五合目を後にして、今宵の宿へと向かったのでした。

つづく。

スポンサーサイト
遠いどこかに… | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示