2010/06/17.Thu

憧れの白神山地

ご無沙汰しておりました。

更新がないのは元気な証拠…?!
ちょっと山奥まで、お出かけしておりました。

今回の行先は、「世界遺産をめぐる」シリーズとしまして、「白神山地」。
白神山地をメインに、ちょっと欲張って百名山の「岩木山」と「八幡平」にも足を延ばし、
3泊3日の旅でした。

2泊…ではなくて3泊、というのは、
前泊として(?)、夜行の寝台特急を利用したからなのですね。
初めての寝台列車、個室に入って、なんだか快適。
ワクワク旅の始まりです。

詳しくは、また改めて写真入りでレポート書こうと思いますので、
まずは簡単に、ご報告。

白神山地の世界遺産緩衝地域になっている「暗門の滝」へ。

川沿いを歩く

深い緑の中やブナ林、そして川沿いを1時間半ほど歩いて、3つの滝を見に行きます。

冬の長い山奥ですので、
ほんのつい1~2日前にやっと3つ全部が散策可能となった滝までの遊歩道。

遊歩道というより、登山道を、汗だくになって歩きながら、
辿り着いた最後の滝、第1の滝。

暗門の滝

来た甲斐ありました。
あれやこれやの言葉が見つからないほどの、体内浄化でした。

暗門の滝の前には、「岩木山」、
翌日には「十二湖」「八幡平」と、
東北3県、青森・秋田・岩手を行ったり来たりして、
疲れたけれどもいい空気をたっぷりと吸った、緑満喫の3日間でした。

まずは、ただいま~

スポンサーサイト
遠いどこかに… | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示