2010/07/08.Thu

トナカイ、おっと、栂池行ってきました

ここ数日、天気予報を、半日に一度は見ながら、降水確率アヤシイながらも、
休みはもう今日しかない!ってことで、強行突破。
新潟県境にほど近い、長野県安曇野の栂池高原に、トレッキングに行ってきました。

朝5時ごろ宮殿を出て、トンネルをいくつも潜りながら、海沿いから山へと車は移動。
8時ちょい過ぎに、栂池高原のふもとに到着しました。
なんとなく曇ってはいるものの、雨は降らずになんとか持ちこたえてくれそう。
やっぱり日ごろの行いがモノを言うのねぇ~~
なんてイイ気になりながら、ゴンドラリフトとロープウェイを乗り継いで、
栂池自然園へ。

自然園の入り口

ちょうど今は、水芭蕉の見ごろで、
朝早くから、トレッキングの方々がポロポロと。

思ったよりも雪が多く残っていて、遊歩道のように整備してあるはずの径も、
足元は不安…
しかも、奥まで入っていくと、行き違う人もほとんどなく、
この道(という道が見えない!雪で!)で合ってるのか不安に思いつつ、
しかも、地図の読み方がどうにもへたっぴはワタシは、
思っていたルートと真逆に歩いていることに途中で気付き、
結局、否が応にも一番長くハードな3時間半コースを歩くハメに。

まわりの白馬など、名登山コースに比べたら、お散歩みたいなもんですが、
それでも、かなりの歩きごたえでした。

たまにお日様がのぞくものの、曇り空。
残念
と思う気持ち半分、これでピーカンだったら干からびてたかも、と安堵半分。

下山後は、もんのすごいデカイ海老ののった天丼をたらふく頂きました。

そして、近くの日帰り風呂で、これまたすごく気持ちのいいお風呂を満喫。
ちょっとひなびた感じの施設なんだけれど、
おっきな浴槽は、半分屋根付き、半分あっぱれ空の下、なみなみとお湯が溢れていて、
雪をちょこっと積んだ山々を見ながらの入浴。
ほとんど貸し切り状態で、ガクガクの足をマッサージしながらのんびり出来ました。

ビックリしたのは、ほど近いところにあった「トナカイ牧場」。
トナカイ、って、ワタシにとっては、ある意味、サンタクロースとペアで、伝説の動物。
よく考えれば当たり前のことなんだけれど、まず、実在するの?!と、
アホな感想
そして、近づいてみると、なんと、その立派な角に毛が生えてる!
トナカイの角って、ふわふわに毛だらけ!
トナカイの角のアップ

本日一番の衝撃でした。

皆さん、トナカイ…もとい、栂池、おススメです。
山に囲まれた空気と水のキレイな、素晴らしいところです。

行ったらついでに、トナカイの角の毛、見てきて






スポンサーサイト
遠いどこかに… | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示