2010/07/17.Sat

毎日笑顔

梅雨のさなかの貴重な晴れ間、本日も、夕日がとてもキレイでした。

ほんじつの夕陽

一日の仕事を終えて、帰り道、
ラフォーレの1階で、「毎日笑顔」と堂々と書かれた「書」が、
ワタシの目に飛び込んできました。

ラフォーレの1階のアトリウムは、
ときどき、様々な展示催事がされるのですが、
今回は、
「肢体障害児・者」さん(呼び方がうろ覚えで、失礼があったらすみません)たちの
芸術作品展。

年齢も性別も、作者の紹介文からは分かりませんでしたが、
その文字からあふれ出る勢いに、仕事の疲れも吹っ飛ぶステキな作品でした。

作者からのメッセージには、
「障害者も健常者も毎日笑顔で!
左手で頑張って書きました。もっと右手で書きて~な~。」
みたいな文章があって、
リハビリ中の右手をかばって、
書き慣れない左手で書いたのかな~、なんて想像しながら、
気が付いたらワタシも笑顔でした。

人生そうそう甘くない、この世の厳しさを忘れちゃいけない、
とは、もちろん思いますが、
でも、誰かが向けてくれた笑顔に対して、
「その笑顔の裏に何かある」と勘繰るよりも、
同じように穏やかな笑顔で返せたら、諍いの素がひとつ減るんじゃないかな。
ただただ純粋に、笑顔の効力を信じていたい…と、
一日の終わりに思ったのでした。

スポンサーサイト
ポレポレ日記 | Comments(2)
Comment
黒猫と同居中さま
うっかり、宛名、いつものように書いてしまうところでしたよ、あぶないあぶないe-451

昨日も仕事の帰り、その「書」をまじまじと見て、
元気をもらって帰ってきました。

明日、そっちまで音が届くように、フォルテでガンガン弾くから、
耳を澄ませて聞いててね~e-318
しゅてき~~
「毎日笑顔」・・ステキです~~~。
昨日、凹んだあとに読んだので、ちょっと笑顔になれました。

いよいよ明日ですね★
またも、フトドキモノのワタシは行けないのですが、聴く人がいつもの10割増しの笑顔になるようなステキなコンサートになりますようにi-194

管理者のみに表示