2010/07/24.Sat

哀しみの1センチ

披露宴の仕事を終えて、
10分ほどの時間で宮殿にて急いでスーツからTシャツに着替え、次の仕事場へ。
今年の夏になってからは初めて着る、チョーお気に入りのROXYのTシャツ。
数年前、オーストラリア留学を終えて帰国したタマが、
ワタシごのみをよーく理解して選んできてくれたmade in 豪(Australia)。
あまりの愛用に、
おへそのちょっと右側、ベルトのバックルとカバンがこすれて、
直径1ミリほどの穴が空いちゃってまして。
カバンを肩から下げてると見えないし、
徒歩5分の距離だし、
仕事場着いたらキレイなおべべに着替えるし、
ま、いっか なんつって、
玄関を出てエレベーターに乗ったワケですよ。

一階のボタンを押して、何気に目線を下ろすと、
なんと、左腰のあたりに直径1センチの穴
ん?見間違い?とか思って、指でチョイチョイ突っついてみるも、
ふさがるどころか、なおさらクッキリと円周が際立つ。
…そうだった、去年の夏BBQ行ったとき、はぜた炭火で焦げちゃったんだった
お気に入りなので、なんとか救済措置を、と思ったまま、
タンスに入れっぱだった…
ということを、一階に到着するまでの短い時間に走馬灯のように思い出し、
一階着いたと同時に、再び上昇、
部屋に戻り、慌てて他の服に着替えて出掛けました。

あじゃぱ~ぁ
改めて見ると、デカイよ、この穴。
悲しいけど、このTシャツともお別れかな


BBQんとき着ればいっか

スポンサーサイト
ポレポレ日記 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示