2010/08/08.Sun

空耳+PLUS 飛騨ツアー その1

行ってきました、空耳+PLUS七夕コンサート@飛騨

乗り換えも全て順調、
富山からの在来線は車両ひとつのワンマン運転だったりして、
のどかな道中となりました。
1両編成

ビックリしたのは、
飛騨地区に向かう観光客が圧倒的に外国人だったこと。
車窓の外は日本の原風景、行き違う列車の中は異国、という、
なんとも不思議な光景でした。

無事に高山駅でいくぴー@空耳ちゃんにピックアップしてもらい、
森ちゃんの待つ現場へ。
あ、その前に高山でおいしいガレットをランチに食べて、
汗だくでセッティングしてた森ちゃんには申し訳ない『重役出勤』

コンサート会場となったのは、
今回お世話になる旅館『泉岳舘』さん斜向かいの神社の向かいの湯屋寺。
要するに、泉岳舘さんに隣接した、というか、
泉岳舘さんと渡り廊下で繋がったお寺。
ここは、お寺と神社の鳥居が、道路を挟んで向かい合った、珍しい立地。
まるで、天の川(道路)を挟んだ織り姫と彦星のようで、
七夕コンサートにはピッタリの場所なのでした。
お寺に飾っていた七夕飾りを神社に奉納して神事を行い、
そのあとコンサートの始まりとなるのです。
コンサートの詳しいレポートは、また別便で改めるとして、
引き続き、旅の話を

現場に着いて森ちゃんと合流、セッティング完了後リハーサルをし、
本番前のひとときに、ウレシい旅館での晩ご飯

チョー豪華な川の幸・山の幸満載の、ボリューム満点のお料理
本番前ということも忘れ次々とハラに収め、
さすがにデザートの頃、これは本番後に取っておこう…と気付く

あまりの満腹にひっくり返りそうになるのをなんとかとどまり、
本番はきっちり頑張りました

本番後はいったん旅館の部屋に戻り、
取っておいた食前酒で乾杯し、
これまた取っておいたデザートで消費したエネルギーを補充。
そして、
コンサート会場から見えていてずっと気になっていた夜市
(屋台出店みたいなノリでした)へ、3人で繰り出しました。
地元の皆さんと観光客で賑わう中に、
神事とコンサートの運営を終えてホッとした表情の泉岳舘の女将さんの姿も。
私たちも同席させてもらい、
勧められるがままに、
地元で取れたおいしいトウモロコシにキュウリに焼き鳥など頂きまして。
あんなに夕飯食べたのに、
スッゴいおいしくて、スルスルと食べてしまう自分にビックリ

賑わう仲良し町内会のようなアットホームな夜市を楽しんだあと、
星空の下、ようやく神社にお参りをして、宿に戻りました。

秘湯を守る会に登録しているだけある心地よいお湯で1日の疲れを癒やし、
深夜2時ごろまで音楽談義に花を咲かせたあと、
お布団に入った途端に朝になりました。
おや…す…み……な…さ……ぐぅ~

つづく…

スポンサーサイト
遠いどこかに… | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示