2010/08/08.Sun

空耳+PLUS 飛騨ツアーその2

今回のコンサートは、いつもの空耳ふうジャズとは若干離れて、
水や星や空など、自然をテーマとした前半と、
七夕ものがたりに演奏をコラボさせた音楽劇のような後半の二部構成。

お客様は、旅館にお泊まりのご家族連れをメインに、和やかな雰囲気。
和やか過ぎて(?)、オープニングで森ちゃんが自然の音を表現したソロを演奏中、
最前列にいた小さな女の子が、ピアノの前でスタンバイしていたワタシに、
「カブトムシぃ~」と、自慢に来てくれたり(笑)。
「ホントだね~すごいね~」と微かな息と口の動きで相づちを打ちつつ、
自分の最初の音に意識を集中させる。

一曲目で、
久々のいくぴー@空耳ちゃんと森ちゃんの心地よい声&音色に酔い、
二曲目は、
空耳としては初めての試みとなる、森ちゃんが所属していたバンドのオリジナル。
太古の昔からめぐる水をたたえた曲で、コンサートの雰囲気を一層柔らかくする。
たくさんのアフリカや中南米の打楽器を使いながらも、
和の心を感じさせてくれる森ちゃんのセンスは、
空耳の新たな境地を開拓してくれて、
気持ちよく、美しく、前半終了です。

ちょこっとの休憩を挟んでの後半は、
いくぴーちゃんの歌唱力と朗読力が余すことなく発揮される、音楽劇ふう。
七夕さまのお話を語るいくぴーちゃんの声に引き込まれる自分に、
いかんいかん、効果音入れなきゃ、
次の曲の出だしのタイミングはずさないように、
と、言い聞かせ、いつもとは違うアタマの中をフル活用。
ものがたりの展開に合わせた選曲で、
いくぴーちゃんの魅力がはじけまくりました。
そして、森ちゃんも、とても当日合わせとは思えない洞察力と即興力で、
ワタシの演奏熱をガッツリ上げてくれました。

ラストの曲の後半では、向かいの神社で地元の青年団の皆さんが、
曲に合わせて花火を打ち上げてくれて、
演奏しつつ涙がこぼれそうになる感動のクライマックス

あたたかい地元の皆さんと、
休日を家族と大切に過ごす宿泊のお客様に見守られ、
演奏したこちらが「ありがとう」と言いたくなる、素敵なコンサートになりました。

女将さん、元気の出るお話をたくさんありがとうございました。
湯屋温泉の皆さん、大変お世話になりました。
じっくりと聞いて下さった上に「ありがとう」と声を掛けて下さったお客さま、
本当にありがとうございました。

なんとここがステージ

スポンサーサイト
おんがく情報 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示