2011/01/18.Tue

小学校へ行ってきました

今日は、新潟市東区の某小学校にて、
1~3年生向け&4~6年生向けで、
コンサートを2本やって参りました。

パーカッションの大越玲子ちゃん(korayちゃん)と一緒に、
こどもたちから、たくさんの笑顔と元気をもらってきました。

みんなで楽しめるポップス中心に、クラシックやジャズも織り交ぜながら、
そして、
ワタシ自身の小学生時代の思い出話なんかも披露しつつ、
音楽を通して、貴重な時間を一緒に過ごさせてもらいました。

korayちゃんのマリンバ早弾きに、こどもたちの息をのむ声が聞こえ、
ノリノリの曲では全員スタンディングオベーション、
予期せぬアンコールまで頂き、
本当に楽しいひとときでした。

終了後、担当の音楽の先生とお話させて頂いたのですが、
とってもフレンドリーなお人柄で、
先生ご自身がとっても楽しんで下さったとのお言葉だけでなく、
こどもたちに、
「こんなふうに手拍子したり踊ったり、一緒になって楽しめる音楽もある」と、
伝えるいいチャンスになった、と、
演奏者冥利に尽きるありがたーーーーいコメントも頂きました。

もちろん、
じっくりと腰を据えて聞くクラシックのコンサートも素晴らしいものです。
でも、ワタシが得意とする(というか、コレしか出来ない)、
ニコニコガハガハの笑顔で楽しむ音楽で、
こどもたちの真っ白なココロに何かほんの少しの色でも残せたら…

そして、korayちゃんも言っていましたが、
ワタシたちの演奏を聞いてもらうだけでなく、
こどもたちの歌と「共演」すること、
コレが、ワタシたちの秘かな楽しみ&生き甲斐なのであります。
自分の伴奏にのせて、こどもたちの歌声が会場いっぱいに響くと、
思わずピアノ弾くのやめて涙を拭こうかと思うほど、
じーーーーーんとするのです。

音楽をやっててよかったな~、と思う瞬間は、
こんなときにあるのですね。

貴重な演奏のチャンスを下さった、音楽の渡辺先生、
そして盛り上げて下さった先生方みなさん、
伴奏にワタシを選んでくれたkorayちゃん、
どうもありがとうございました。


さて、気持ちと選曲をガラリと切り替えて、
明日は、「昭和をうたう」、市役所コンサートです。
こちらは、かつての小学生のみなさんにお楽しみ頂ける選曲ですので、
40~50年ほど前は小学生だった、という方々、必見です!
もちろん、現役小学生も歓迎です!
…が、平日真っ昼間ですんで。
学校サボってまで、来ないように。
聞きたいちびっこのみんな、先生に、「korayちゃんとショーコさん、呼んで!」と、
お願いしてみてください

スポンサーサイト
おんがく情報 | Comments(2)
Comment
いむぞうさん
いえいえ、元気に2本の足で、
活発に歩いておられましたよ。
とってもパワフルで、ステキな先生ですね。
いいご縁を頂きましたe-267

郁子先生
松葉杖、ついてませんでしたか?

郁子先生には私も大変お世話になってます。
うちのバンドがボランティアでNBL(新潟ブラスレッスン)の子供たちを指導しているのですが、郁子先生はNBLの取り纏めをやってるんですよ~。







管理者のみに表示