2011/02/24.Thu

shrayレポート

昨夜は、とっても嬉しい夜となりました。
shray@9th Avenueにご来場下さった皆さん、ありがとうございました

ワタシが勝手に「ピアニカの師匠」とお慕い申している、
新潟随一の鍵盤やら吹きモノやら奏者の偉大なお方も顔を出して下さり、
ほどよい(過分な?)緊張感で、身が引き締まりました。

常連さまのあたたかな面々に混じり、初めてましての方もご来場下さって、
これまた、身の引き締まる思いでした。
見ず知らずの(?)ワタシの音楽を聞きにお時間を割いて頂けるなんて、
本当にありがたいことです

そんな中に、はじめましてだけど、
厳密には二度目まして、のお客さまがおひとりいらっしゃいました。
先日の「Naughty Notes duoバレンタイン連弾コンサート」を聞いて、
今回もありがたくご来場下さいました。
しかも、とっても心あたたまる、美しい、
ワタシ好みのキリンのシルエットのハガキでお手紙を差し入れして下さって

その内容は、ワタシのココロの中に大事にしまっておきますが、
ワタシの演奏と、聞いて下さった方の思いがシンクロして、
日常にわずかでも彩りが生まれてくれるなら、
演奏出来るシアワセを改めてジーンと噛みしめる思いです。
直接お礼のご挨拶が出来なかったのですが、
このブログを読んで下さってたら嬉しいな
どうもありがとうございました

さて、来月の9thAvenueも、
あっと驚く盛りだくさんの楽しさでお届けします。
ご期待下さいね

スポンサーサイト
おんがく情報 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示