2011/11/10.Thu

霜月山脈 ホントの山

と、3日連続で、まったく違う内容のコンサートを渡り歩いたワタシですが、
その3日目、佐渡での小学校コンサートのあと、
もうひとつのお山へ。

今度は、「ヤマ」ではなくて、ほんものの「お山」です。

今年の春に遊歩道として整備され、
多少の体力があれば誰でも楽しめるようになった天然杉の原生林。
石名遊歩道に行ってきました。

時間とお天気の都合で、
パパっと、遊歩道入口付近の2本の大木だけ見てくるお散歩?トレッキング?登山?
でしたが、
見事な杉でした。

これは、「象牙杉」。
象牙杉

「象」というより、「マンモス」の牙ほどに見える、
自然の創り出す芸術作品です。

あいにく霧がかかり、青空ではありませんが、
そんな白く煙る風景が、より一層深い森の空気を濃くしてくれて、
大木を見上げて立ち尽くしてしまいそうな…

実際は、寒かったので、
立ち尽くすよりも、そそくさと戻る…って感じでしたが。

5月の連休明けには、遊歩道に続く径にかたくりの花がズラーっと咲いて、
これまた美しい風景になるそうです。
そのシーズンに合わせて、また佐渡ツアー組まねば!
佐渡のみなさん、春の頃、ワタシの演奏、いりませんか~

…ご依頼なくても行っちゃうけど。


スポンサーサイト
遠いどこかに… | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示