2012/03/19.Mon

あさりの想い出

春だと思って油断したら、雪の舞う寒い1日でした

今夜はあさりとキャベツの蒸し煮。
貝の旨味が野菜にしょんで、おいしいですね。

あさりと言えば。

以前、旅に出た先でのこと。
朝ごはんに毎回、席についてから固形燃料で火をつけてくれる、
一人用の、木のフタ付きの鉄鍋でお味噌汁を出して頂きました。
連泊だったので、お宿の方も気を遣って下さって、
毎朝違う具にしてくれました(たぶん)。

1日目は、岩ノリ。
体に優しい味わいの朝ごはん

2日目は、あさり。
が、
多数入っていたあさりの殻がひとつもひらかず。
だしを出すことすらあさりに拒否られたような、
物悲しい朝ごはん

そして3日目、最終日の朝。
なんと今度は、鉄鍋の木のフタ自体が開かない。
鍋にガット(新潟弁で「強く」の意味ですよ)に嵌まっていて、びくともしない。
お宿のお姉さんに助けを求めようにも、タイミング悪く、不在。
具はなんだったのかナゾのまま。
うら寂しい朝ごはん

もしも、もう一泊していたら、
ついには朝ごはん会場の扉が開かなかったに違いない。

スポンサーサイト
ポレポレ日記 | Comments(2)
Comment
Gの魂さん
お、わかって頂けました?
Gの魂さん宛の(?!)新潟弁解説。

ワタシは特に、お笑いを追い求めてるワケではないのですが、
そういう星の元に生まれてるような気はしないでもない…

まあ、この記事も、ちょいとお宿の関係各位にブツギを醸し出すといけないので、
後日、ドロンさせるかもしれません。

ショーコさん
お笑い系ピアニストと呼ばせて下さい。夜中に笑わせないよーに(爆)
あっご丁寧に新潟弁の解説ありがとうございます。e-465

管理者のみに表示